乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈川中央交通東】消えた相模神奈交カラー

<<   作成日時 : 2017/02/12 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 相模神奈交バス相模原営業所に所属していた車両は、平成29年1月1日の組織変更に合わせて、神奈川中央交通東橋本営業所の所属となった。それに伴い、神奈交カラーの車両はどうなるか注目されていたが、「KK−」「KL−」のような古い車両は引退が近いことから、社名などを書き換え(貼り替え)ている。比較的新しい車両は神奈中一般カラーのラッピングを施している。平成28年に湘南神奈交バス平塚営業所(現:神奈川中央交通西・平塚営業所)で、寒川町コミュニティバスの三菱KK−ME17DFに実施されたのと同様だ。
 さて、相模神奈交バス相模原営業所には、神奈交カラーの三菱PKG−MP35FMが2両在籍していたが、再編直前の平成28年12月に神奈中一般カラーへとラッピングされた。ラッピングされたのは、「も605」(元・SK2006)と「も608」(元・SK2010)の2両で、いずれも平成21年式だが、20年度導入の「も605」はシルバーサッシ、21年度導入の「も608」はブラックサッシと異なる。なお、車内は神奈中一般カラーと同じとなっている。平成28年に前照灯がLEDに交換されている。
 しかし、エンジンルーバーや中扉のレールなど、ラッピングできない箇所に神奈交カラーが残っている。後部の「乗降中」表示灯も、枠が緑色のためそのままとなっている。また、バンパーの色がシルバーでなくブラックのため、「元相模神奈交バスだった車両だな」とすぐに判別できるポイントとなっている。ラッピング後も広告枠は付いていない。
 そこで本欄では、塗装の新旧を対比してみたい。撮影場所はいずれも田名バスターミナルである。
画像←「も605」(平成29年1月15日撮影)

画像←「も605」となる前の「SK2006」(平成27年5月5日撮影)

画像←「も608」(平成29年1月29日撮影)

画像←「も608」となる前の「SK2010」(平成26年4月9日撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈川中央交通東】消えた相模神奈交カラー 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる