乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千葉交通】山倉

<<   作成日時 : 2014/08/27 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 上の台線(粉名口車庫〜佐原駅〜上の台〜九十九塚〜山倉)の終点。山田区循環バス(小見川駅〜山倉ほか、土休日運休)と旭中央病院線(旭中央病院〜山田支所〜栗源支所〜道の駅くりもと、平日の月・水・金運行)は構内に入らず、道路沿いを通過する。停留所名は「山倉郵便局前」と異なる。
画像←年季が入った上の台線のポール

画像←山田区循環バスのポール

 現在はひっそりとして何もないが、かつてここには多古営業所山倉車庫が置かれていた。山倉車庫の前身は山倉出張所で、「千葉交通60年のあゆみ」(昭和44年3月発行)によると、昭和43年9月30日現在では、従業員50人(このうち運転士20人、車掌22人)、ダイヤ数14、車両数14両を擁する規模であった。女子寮もあった。平成2年10月1日に車庫化ののち、平成4年4月7日に多古営業所の新築移転に合わせて廃止された。
画像←道路から回転場を見る

画像←丘の上から見た回転場。跡地の一部は山倉郵便局に

 施設は撤去されたが、バス3台分の待機スペースがある。また、入口左手には駐車場の車止めが残っている。その奥には用途不明のトタンの建物があるものの、待合室にしてはベンチがないので、自転車駐輪場であろうか。隣にはトイレがあるものの、小便器側は扉がない。個室側は汲み取り式らしいが、使用していないと思われる。
画像←用途不明の小屋とトイレ

 山倉には、根方線(旭農高〜旭駅〜干潟〜山倉)、新里線(小見川駅〜山倉〜新里〜八日市場駅、のちに山倉線として、小見川駅〜山倉間に短縮)、九十九塚線(粉名口車庫〜佐原駅〜上の台〜山倉〜八日市場駅、のちに上の台線として、粉名口車庫〜佐原駅〜山倉に短縮)、福田線(粉名口車庫〜佐原駅〜高萩〜山倉)、三里塚線(京成成田駅〜七栄〜三里塚〜多古〜山倉、のちに千代田線として、成田空港〜芝山千代田駅〜加茂〜多古〜山倉間に変更)などが発着していた。
 この中で、メイン路線は千代田線だった。千代田線の前身は三里塚線で、昭和53年5月の成田空港開港に伴い、成田空港発着に変更され(三里塚線は京成成田駅〜七栄〜三里塚〜成田空港間に分割)、千代田線となった。その後、平成3年3月の成田空港ターミナル乗り入れ(東成田駅経由)、平成14年10月の芝山鉄道開業(芝山千代田駅経由)など幾多の変遷を遂げてきた。しかし、相次ぐ減便の末、平成19年に廃止された。廃止直前の山倉発着は、朝の成田空港行と夜の成田空港発の1往復のみだった。
 また、山田区循環バスは山倉線の廃止を受けて、平成14年4月1日から代替運行を開始した。土休日運休となる。
 上の台線は多古営業所が担当している。以前は上の台線のみ往復していたが、小見川地区の合理化により、間合いで午前中は大倉線(粉名口車庫〜佐原駅〜津の宮〜大倉〜小見川駅〜小見川総合病院)にも入る。
 日野KK−RJ1JJHK(千葉200 か 10−09、社番「13ー31」)を上の台線専用で使用している。平成15年式で、成田営業所からの転属車。社番は変更されていない。以前はリエッセ(日野KK−RX4JFEA、H39−20)を使用していた。
 山倉13:25分発の佐原粉名口行に乗車時、とある停留所で時間調整した時、たった一人の乗客である私に、運転士は「乗る人がいないと早着してしまうので、途中で時間調整するしかない。始発は定時に出さないと文句を言われる」とこぼしていた。(上の台線は)「5人乗れば多いぐらい」だそうで、「学生は自転車や循環バスを使っており、路線バスには乗らない。昔は立ち客も出るぐらい乗っていた」と語ってくれた。結局、最も利用者が多かったのは、他の路線と並行している県立佐原病院から佐原駅までだった。山倉までの往路も同様で、あとはJRバス関東の栗源線並行区間で乗降があったほか、上の台線独自区間で2人降りただけだった。
 沿線人口が少なく、利用者が増える材料は全くない。山倉地区は旧佐原市と旧山田町の境界なので、小学校の学区も異なり、小学生のスクール輸送はない。香取市の補助額は増える一方だ。
画像←上の台線専用の日野KK−RJ1JJHK

 なお、山倉地区には国鉄バスも山倉線(栗源〜山倉〜小見川駅)を運行していたが、昭和47年に廃止されている。当時の痕跡は残っていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千葉交通】山倉 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる