乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈川中央交通】八07、湖29

<<   作成日時 : 2014/07/07 16:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 八07(八王子駅〜高尾駅前〜高尾山口〜大垂水〜千木良〜相模湖駅)は、八王子駅北口と相模湖駅を結ぶ全長21.2kmの長距離路線で、国道20号線(甲州街道)をひたすら進む。平日2往復、土休日3往復運行しており、平日は湖29(相模湖駅〜大垂水〜千木良〜高尾山口)の区間便が1往復設定されている。相模原営業所三ヶ木操車所(津久井神奈交バス津久井営業所に管理委託)が担当している。ワンステップバスだけでなく、ノンステップバスも入る。
 昭和39年9月から日祝日に新宿駅西口〜相模湖駅を結ぶ路線として、京王帝都電鉄と相互乗り入れで開業したのがルーツ。全区間を国道20号線経由で、今では信じられない運行区間だ。同年10月に開催された東京オリンピックのカヌー競技の会場が相模湖だったため、観客輸送に備えて運行開始したものとみられる。
画像←八王子駅北口D乗り場のポール

画像←八王子駅北口で発車待ちする相模湖駅行

 相模湖駅行は八王子駅北口のD番乗り場に発着する。以前はほかの神奈中路線も発着していたが、南口発着に変更されたので、現在では北口を発着する唯一の路線だ。D番乗り場は京王バスの上大船行も発車するが、やはり運行回数は少ない。
 横山町や八日町などの市街地を通るため、しばらくは八王子市内線としての役割を担う。西東京バスも並行しているので、来たバスを利用しているようだ。西八王子駅入口と高尾駅前は駅前広場に入らず、停留所は国道20号線沿いとなる。
 高尾山口は駅前広場に入る。神奈中は「高尾山口」と「駅」が付かない。バス乗り場は1カ所で、京王電鉄バス(高02・高尾駅南口〜 高尾山口駅)、京王バス南(山01・京王八王子駅〜八王子駅北口〜西八王子駅入口〜高尾山口駅、山02・高尾山口駅→高尾駅北口)と共用している。駅舎は平成27年4月にリニューアルされた。駅前広場も拡張され、乗り場も変更となった。
 平成18年4月4日をもって京王バスの高08(高尾駅南口〜高尾山口駅〜大平)が廃止され、この先は神奈中のみとなる。平成3年まで山31(高尾山口駅〜相模湖駅)も運行されていた。ハイカーだけでなく、地元住民の生活路線としての使命もあるので、1日3往復では不便であろう。まとまった集落のある山下を過ぎると、休日を除いて車内は閑散とする。大平付近はラブホテル街道だ。大平までは京王仕様のポールとなっている。
画像←高尾山口駅の乗り場は京王バスと共用

画像←高尾山口駅で待機する湖29。後方が京王電鉄高尾山口駅

 人家がなくなると、ヘアピンカーブの登り坂が続く。大型トラックの通行が多く、ところどころに「対向車接近」の警告表示板が設置されている。八王子市南浅川町から相模原市緑区千木良まで4.8km区間は、台風などの大雨で連続雨量が150mmを超えると通行規制が行なわれる。平成26年2月14日の大雪では積雪量が66cmに達し、14日23時から18日23時まで八王子南バイパス分岐交差点〜千良木間の7.1qが通行止めとなった。なお、神奈川県警ではローリング族対策として、土曜・日曜・休日は125cc以下の自動二輪車を通行禁止としている。
 沿道には廃業したドライブインや廃屋を見かける。中央自動車道が開通し、国道20号線の通行量が減ったために商売にならなくなったのであろう。唯一営業している店屋は「らーめん富士屋」だけだ。コンビニやガソリンスタンドもない。
 大平〜大垂水(おおだるみ、「峠」は付かない)間は2.45qと停留所間隔が長い。大垂水停留所では、車内放送で「登山客のお客様にお願いします。バスを降りてからの私有地の立ち入り、入口での立ち止まりは住民への迷惑となりますのでご遠慮願います」や、ゴミ持ち帰り運動の協力を呼びかける放送が流れる。また、車内放送で「JR平塚駅前のグランドホテル神奈中平塚では、ご宿泊、ご宴会…」「メルセデス・ベンツ正規ディーラーの神奈中相模ヤナセでは…」などと自社グループの宣伝をするのは結構だが、失礼ながら八王子市や相模原市からの需要はあるのだろうか。
 大垂水峠(標高392ⅿ)を過ぎると都県境で、東京都から神奈川県に入り、下り坂が続く。相模湖が見え、人家が増える千木良からは、三ヶ木からの湖28(相模湖駅〜桂橋〜三ヶ木)と合流し、1時間あたり1本の頻度となる。相模湖TCを過ぎると、間もなく終点の相模湖駅に到着する。
画像←相模湖駅A番乗り場のポール

 八07の所要時間は49分だが、全般的にダイヤがきつく、休日の行楽シーズンだけでなく平日でも遅れることが多い。また、八王子駅での折返し時間が短く、発車時間を過ぎて到着し、すぐに相模湖駅へ折り返していく光景が見受けられる。これでは乗務員は一息つく暇もなく、市街地と山道を2時間近く乗りっぱなしとなり、かなりの負担を強いると思う。雨や雪の日はなおさら大変だ。特に大垂水峠は雪が多い(渋滞にしびれを切らした乗客は、高尾山口や高尾駅入口で電車に乗り換えればよいが…)。乗務員は八07だけを往復しているのではなく、前後に相模湖駅〜三ヶ木間などもこなしている。上り方向の遅れを下りに持ち越さないよう、八王子駅での折返し時間に余裕が必要であろう。八王子駅北口D番乗り場は余裕があるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
平成28年1月20日に高尾山口駅の写真を差し替えるとともに、文章を一部訂正しました。
板橋バス太郎
2016/01/20 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈川中央交通】八07、湖29 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる