乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【JRバス関東、桜東バス】佐原駅

<<   作成日時 : 2014/06/05 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 佐原駅のJRバス関東乗り場からは、栗源線(多古〜栗源仲町〜九美上〜佐原駅)と、桜東バスの江戸崎佐原線(江戸崎〜常陸幸田〜東役場前〜西代〜佐原駅)が発着する。かつては土浦支店の担当する霞ヶ浦線(土浦駅〜阿見〜木原〜江戸崎〜浦向〜常陸幸田〜東役場前〜佐原駅ほか)も路線を持ち、佐原駅はJRバスのジャンクションとして支線が幾つも発着していた。
 佐原駅前には黄緑色の木造2階建ての「バス駅」が残っており、2階の乗務員休憩室のみ使用している。1階に土浦自動車営業所佐原派出所と乗車券発売窓口があった。車両配置はなかったものの、夜間停泊が行われていた。しかし、国鉄末期の合理化で佐原派出所と乗車券発売窓口は閉鎖された。
 JRバス関東発足後、関連事業として窓口跡はコインランドリー、構内の遊休地は月極駐車場となった。しかし、霞ヶ浦線の撤退後はコインランドリーが閉鎖され、月極駐車場の管理は土浦支店から八日市場支店に移管された。
画像←佐原駅南北連絡橋から乗り場を見る

画像←乗り場と乗務員休憩室。屋根には「JRバスのりば」の看板が掲げられていた

 平成12年9月30日をもって霞ヶ浦線の常陸幸田〜佐原駅間が廃止され、トラック運送事業者の晃進物流(株)が運行する桜東(さくらあづま)バスに代替された。その後、江戸崎〜常陸幸田間も平成16年6月20日限りで廃止されている。
 現在、栗源線は平日6往復、土休日4往復運行されている。平成5年までは平日13往復・休日10往復のほか、多古〜栗源転向場間の区間便が設定されていた。JRバス関東では栗源線を廃止する意向を示していたことから、現在は香取市と多古町の補助を受けて存続している。
画像←待機場で桜東バスと並ぶ

画像←構内の大半が月極駐車場に

 乗り場には昔の時刻表が残っており。特に栗源線は国鉄時代のものを書き換えて使っていた。現在はポールに時刻表を掲出している。霞ヶ浦線も時刻表を掲げていたが、路線廃止後も撤去されていない。しかし、佐原駅前広場整備事業が行われており、いずれはバス駅も解体されてしまうのかも知れない。
画像←JRバスと桜東バスのポールが仲良く並ぶ

画像←国鉄バス当時の時刻表が残っている(左)。JRバス関東発足後も書き換えて使用していた。右は霞ヶ浦線用

 佐原駅のホームには「のりかえ 栗源線 栗源・多古・八日市場方面」の表示がある。連絡輸送の使命を果たしていた名残りだ。
画像←佐原駅にあるのりかえ案内板。左側には「霞ヶ浦線 常陸幸田・江戸崎・土浦方面」と記載されていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【JRバス関東、桜東バス】佐原駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる