乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【船橋新京成バス】コープ野村

<<   作成日時 : 2012/03/14 07:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 夏見線の船15系統(船橋駅北口〜夏見〜夏見台団地〜コープ野村、3.5q)と、船16系統(船橋駅北口〜夏見台団地〜コープ野村、3.4q)の終点だ。
画像←上屋付きの乗り場と乗務員休憩室

画像←折返し場全景

 コープ野村夏見(昭和48年9月入居開始、286戸)の入居開始と、周辺の住宅開発に伴い、昭和50年6月23日に船橋駅北口〜夏見台団地間の一部が延長された。所在地は夏見台四丁目だが、停留所名に地名は入っていない。夏見台団地と紛らわしいので、地名を省略したのかもしれない。マンション販売会社の野村不動産にとっては宣伝になるであろう。
画像←マンションの正式名称は「コープ野村夏見」だ

 運行回数は少なく、平日の日中は23〜37分間隔、土休日は終日30〜60分間隔とバラつきがある。このうち夏見経由は約半数だ。平成2年3月1日から深夜バスを運行開始した。夏見線は大型車限定運用となっている。
 折返し場には3台分の待機スペースと乗務員休憩室、乗り場がある。乗り場は上屋、照明付きのポールを備える。
画像←降車場のポール

画像←定番?の「バス回転場所につき進入禁止」の看板

 船橋駅北口〜夏見台団地間を1〜3往復したあとにコープ野村行となる運用のため、コープ野村での休憩を長めにとってある。夏見台団地の折返し時間が短く、天沼交差点付近の交通渋滞に巻き込まれると、遅れが増してしまうからだ。
画像←折返し場で待機する日産ディーゼルPDG−AP35UM


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の写真のバスは見た目は三菱エアロスターにそっくりですが、調べてみたら日産ディーゼルと三菱はOEM供給しあっているそうですね。
初めて知りました。
キュービックファン
2012/03/16 22:08
> キュービックファン様
三菱ふそうと日産ディーゼル(平成21年にUDトラックスへ改称)は、平成19年に業務提携を結び、両社でOEM供給を開始しました。その後、両社で合弁会社を設立する予定でしたが、平成22年に最終段階で決裂し、白紙となりました。同時に両社のOEM供給は中止され、車体架装メーカーのないUDトラックスは、バス事業から撤退しました。
日産ディーゼル(UDトラックス)は西日本車体が大半で、三菱車体を架装した「スペースランナーA」は全国的に数社にとどまっています。
千葉バス太郎
2012/03/17 08:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
【船橋新京成バス】コープ野村 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる