乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】袖ヶ浦200 か 519

<<   作成日時 : 2011/05/19 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 平成18年式の三菱PJ−MP35JPで、塩田営業所姉崎車庫所属の企業送迎用貸切車。姉崎車庫の路線車は「千葉」ナンバーだが、貸切車と特定車は「袖ヶ浦」ナンバーで登録されている。
 標準床、ハイバックシートで、前扉の自家用タイプは「袖ヶ浦200 か 512、513、518、519」の4両が導入され、出光興産や電気化学工業の送迎バスで使用されている。側面には「こみなと」の斜め書きがある。
 このほか、特定車は日産ディーゼルKL−UA452MAN(西日本車体)、UDトラックスPDG−RA273PAN(西日本車体)、4月22日のブログでご紹介した日野KC−HU3KMCA(日野車体)などが在籍している。
 平成18年は姉崎車庫に三菱車が集中導入され、一般路線車もワンステップの三菱PJ−MP35JMが3両導入された。
画像←企業送迎用の三菱PJ−MP35JP(姉崎車庫)

画像←一般路線用の三菱PJ−MP35JM(右)と並ぶ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 平成18年の小湊といえば、この519号車を含めて、多数の新車を導入していましたが、路線車は4メーカーが揃っていたのに対して、貸切・高速は三菱ふそうしか導入しなかったのですよね。その頃の小湊は、セレガーラやUDの尿素に拒否反応を示していたのでしょうか。
スーパーT部長
2011/05/20 21:38
> スーパーT部長様
詳しくは書けませんが、入札で安かったのかも知れません。複数のメーカーを導入している会社は、いろいろ難しいようです。
千葉バス太郎
2011/05/20 21:53
千葉バス太郎様
今晩、その時は長南営業所には、「520・521」の最終型のエアロバスと、そして「514・522」のいすゞU-LV、「523・524・525・526」の日野U-HTで、新車と長南に移籍でも「袖ケ浦」ナンバー車が結構な数ですね(その当時は自分は千葉市内でバスがタクシーの仕事やってた頃です)この姉ヶ崎のエアロスターのトップドアが入った時の廃車は富士重工のR2ボディの観光車ですかね?、また電化工業だったかな?白ナンバーでしたが、初代エアロスターのトップドアにエアロバス顔を付けた、タイプがいました(今は廃車か?)。
では、失礼します。
長南営業所881号車
2011/05/21 01:14
> 長南営業所881号車様
おはようございます。
平成18年は車両の動きが多く、スーパーT部長様もコメントしておられる通り、多くの新車が導入された1年でした。
「P−」型式を置き換えるため、数多くの新車が導入された年で、姉崎車庫にはエアロスターのワンステが3台入りました。
まだ長南営業所や大多喜車庫に、富士6Eが残っていた懐かしい頃です。季美の森カラーが全滅した年でもあります。
千葉バス太郎
2011/05/21 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】袖ヶ浦200 か 519 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる