乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】緑ヶ丘展望台

<<   作成日時 : 2011/01/20 19:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

 緑ヶ丘展望台は、緑ヶ丘リゾーン線(茂原駅南口〜鈴木病院前〜茂原高校入口〜郡界橋〜緑ヶ丘展望台、茂原駅東口〜茂原高校入口〜郡界橋〜緑ヶ丘展望台)の終点である。
 茂原緑ヶ丘リゾーンは、千葉県住宅供給公社が開発した分譲住宅地で、昭和63年から入居開始した。同線は分譲開始に合わせて運行開始し、平日の朝と夜間は茂原駅東口発着となる。マイカー通勤が主流ということもあるが、運行回数はおおむね1時間に1本と少ない。行先方向幕は「緑ヶ丘リゾーン」と表示しているが、「緑ヶ丘リゾーン」という停留所はない。
 県道14号・千葉茂原線の郡界橋交差点を左折すると、茂原緑ヶ丘リゾーンに入る。バスは住宅地内を大回りする。沿線には学校や店舗、医療機関などが立ち並ぶ。茂原駅方向は屋根付きの行灯型ポール、緑ヶ丘展望台方向は屋根なしの白百合型ポールとなっている。
画像←緑ヶ丘展望台停留所のポール

 緑ヶ丘展望台停留所の降車側はバスベイがあるものの、終点専用のためかポールは設置されていない。一方、茂原駅方向は屋根付きでバスベイがある。ポールは白百合型で、行先は「茂原駅西口」と記載されている。最近は「茂原駅西口」を「茂原駅南口」としており、先述した通り「茂原駅東口」も新設されている。ポールの運行系統図は、茂原駅西口〜郡界橋間が主要停留所のみ、茂原緑ヶ丘リゾーン内は全停留所が記載されている。
画像←折返場の入口

 広々とした折返場には、簡易トイレや乗務員休憩室はない。このため、バスも数分で折り返していく。
 入口には「ワンマンバス折返場 部外者の立入禁止 小湊鉄道株式会社」の立看板、フェンスには「ワンマンバス折返場につき 部外者の立入を禁止ず 小湊鐵道株式会社」が付いている。文や社名表記が異なるものの、2つが並んでいるのは物々しい。事故防止はもとより、廃棄物が持ち込まれたり、違法駐車を阻止するためであろう。ここでは車両滞泊があるわけないのに、取材当日も隅に軽乗用車が放置されていた。
画像←展望台入口の階段

 緑ヶ丘展望台の停留所名は近くにある展望台に由来する。展望台へは折返場の手前にある階段を登る。しかし、展望台の上はベンチが幾つかあるだけで何もない。とはいえ、見晴らしは良く、住宅街や茂原市街が一望でき、緑ヶ丘入口停留所を通過したバスも見られる。
画像←展望台から茂原緑ヶ丘りゾーンを一望。バスは終点・緑ヶ丘展望台に向かう日野U−RJ3HJAA

 茂原緑ヶ丘リゾーンの総区画予定数は1,769戸(98.8ha)、計画人口は7,070人となっている。分譲開始から20年以上が経過し、現在も販売が継続されているものの、バブル崩壊の影響もあって開発が進んでいるとはいいがたい。県道沿いや住宅内には、いくつも「田舎暮らし 400万円〜」の看板が立っている。
 宅地造成は完了しているものの、外周道路の外側には未分譲の区画が広がっている。果たして、「完売御礼」となって、住宅で埋まる日が来るのだろうか。同じ緑ヶ丘でも、発展の著しい東葉高速線沿線の「八千代緑が丘」とはあまりにも対照的だ。
画像←展望台の横には造成地が広がる

画像←緑ヶ丘リゾーン線に使用されるいすゞKC−LV380L(富士7E)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
おはようございます、緑ヶ丘の回転場にある軽自動車は、昨年2月に不法投棄なんですよ(泣)会社も住宅公団も困り果ててます、会社は警察にも相談しましたが、よい返事も貰えず、放置プレイ状態です、更に昨年の夏には、四トントラックが放置されてあり、トラックは盗難車だったので、警察がすぐ持っていってくれましたが、全く非常識極まりないです。
では、失礼します。
長南営業所881号車
2011/01/21 09:25
> 長南営業所881号車様
コメントありがとうございます。緑ヶ丘リゾーン線には何度か乗っていますが、緑ヶ丘展望台に初めて登りました。なぜ終点が「緑ヶ丘展望台」なのか納得しました。小湊関係者でも意外と知らないかも知れません。
不法投棄されていた軽自動車はまだあったのでしたか。てっきり別の車かと思いました。
公道だと貼り紙をしたのち撤去されますが、私有地で事件性がないと難しいのでしょう。土地勘がある輩の仕業ですね。
千葉バス太郎
2011/01/21 11:15
これまで掲載していたいすゞU−LV324L改(袖ヶ浦200 か 514)は6月に廃車となっていることから、いすゞKC−LV380L(袖ヶ浦200 か 920)に写真を差し替えました。
千葉バス太郎
2011/10/30 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】緑ヶ丘展望台 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる