乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【JRバス関東】千葉200 か 21−30

<<   作成日時 : 2010/09/17 15:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 平成10年式の日産ディーゼルKC−RN210CSN(富士8E)。元匝瑳市循環バス用の車両で、称号は「L128−97201」。平成9(1997)年度に導入されたため、称号は「97」となっている。
 JRバス関東と千葉交通では、平成9年7月20日から八日市場市循環バス(当時)の運行を受託し、市が購入した車両を両社で管理していた。しかし、老朽化したことから、平成21年に「ポンチョ」(日野BDG−HX6JHAE)と「リエッセ」(日野BDG−RX6JFBA)に代替し、4両とも廃車となった。一度ナンバーを切られたが、JRバスでは1両を一般路線用で使用するため再登録を行なった。再登録前のナンバーは「千葉22 か 42−81」だった。
 再登録に当たって、塗装変更したほかは変化ない。「出入口」「しめきり」の表示は消えかかったままだ。側面と後部に方向幕は付いていない。正面方向幕は新調したのか、循環バス当時のものを使用していたのか不明(八日市場支店の一般路線車は、循環バス用の車内放送、運賃表示機、方向幕も入っている)。
 全長7mの小型ワンステップ車なので、称号の「車両の大きさ」は、マイクロバスと同じ「1型」となる。各支店で見かけるマイクロバスはスクール用なので、同社の一般路線車では最小サイズだと思われる。八日市場支店にも幼児輸送用として、「1型」の「ローザ」(三菱KC−BE632G)が配置されているが、多古町所有なので称号は付いていない。
 日産ディーゼルKC−RN210CSNは、栗源線(多古〜栗源〜佐原駅)で運用されている。平日は2運用あり、もう1両は主に三菱KC−MP747K(元東急バス)が入るので、佐原駅で並ぶと親子のように不揃いだ。
画像←「チョロQ」サイズの日産ディーゼルKC−RN210CSN(佐原駅)

画像←リアビュー。オリジナルサイズのテールランプが特徴(多古)

画像←佐原駅で三菱KC−MP747Kと並ぶ。まるで親子のようだ

頑張れ栗源線!
 さて、栗源線は利用者の減少による収支悪化から、JRバス関東では千葉県バス対策地域協議会北総分科会に路線廃止の意向を示し、国土交通省関東運輸局に対して、平成21年8月1日で廃止する申請を行なっていた。
 協議の結果、平成21年9月1日以降は香取市と多古町がJRバスに経費を補助して運行を継続することになった。
 これに合わせて、運行経路を「県立佐原病院」「県立佐原高校」経由に変更し、寺宿停留所を廃止した。平日の運行回数を4往復から6往復に増発(土休日は4往復で変更なし)。通学定期券は「平日通学定期券」(1カ月単位のみ発売)に移行した。割引制度を導入し、平日定期券利用者は土・日・祝日の乗車運賃を5割引としたほか、65歳以上の高齢者は大人普通運賃の5割引とする。
 日中は2〜3人しか乗っていない便もあり、今回の日産ディーゼルRN210CSNは、運行経費を抑える一環として導入したといっても良いだろう。一方、大型車の三菱KC−MP747Kについては、通学生の利用が多い時間帯の運用に就いているようだ。日産ディーゼルRN210CSNはワンステップ、三菱KC−MP747Kはノンステップで、バリアフリー化も完了している。
 地域の足として、末永く活躍してほしいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
皆様、こんばんは…。
さて、失礼ながら、JRバス関東は、高速バスで、しこたま収益をあげているのですから、同社の一般路線にも、その分の補填をして頂きたいです。
素人の意見で、失礼致しました…。
それにしましても、同社の一般路線の回数券って、いまだに、200円×11枚の券種しか、存在していないのでしょうか?端数の券種がないのは、なぜでしょうか…。
では、また。
フラワー
2010/09/20 23:35
> フラワー様
コメントありがとうございます。
高速バスはツアーバスの台頭や割引制度の拡大、貸切バスは 景気悪化に伴う利用減、競争激化による運賃競争などで収益が悪化し、一時のように一般路線の不採算分をカバーできなくなりつつあります。八日市場支店でも「ONライナー」から撤退してしまいました。
八日市場支店管内の一般路線では、1,000円券、3,000円券、4,400円券、4,800円券を車内で発売していましたが、今はどうか分かりません。このほか、今なき多古営業センターでは、区間式回数券もありました。
千葉バス太郎
2010/09/21 14:18
千葉バス太郎様へ
おはようございます。
急に寒くなりましたね
さて、日産UDのKCーRN210GSN型車は、日東交通の木更津地区にも配置されていますが、JRバスにも配置があるんですね
称号が「L128」というのも、今回こちらにて知りました。勉強になりました。つまり、7メートル車は、小型バスの仲間ということになりますね。バス車内の座席配列が2人掛けでしたら、「L138?」で、「L128」ですと、1人掛け席と2人掛け席の両方がある車両という意味になります。
ありがとうございまました。
からたち
2010/09/24 11:18
> からたち様
コメントありがとうございます。
一見すると小型車ですが、乗車定員は30人以上(49人乗り)なので、法令上は大型車に区分され、大型のナンバープレートを装着しています。
ローザの幼児輸送バスも、マイクロバスながら大型車となっています。
千葉バス太郎
2010/09/24 15:08
千葉バス太郎様へ
早速の返信ありがとうごさいました。
からたち
2010/09/24 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
【JRバス関東】千葉200 か 21−30 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる