乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鴨川日東バス】平塚本郷

<<   作成日時 : 2010/03/16 16:36   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 県道鴨川保田線(長狭街道)を走る鴨川日東バスの路線は、金谷線(亀田病院〜鴨川シーワールド〜鴨川駅東口〜主基駅〜みんなみの里〜吉尾駅〜金束駅〜保田中央〜東京湾フェリー)が4往復、長狭線(亀田病院〜鴨川シーワールド〜鴨川駅東口〜主基駅〜みんなみの里〜吉尾駅〜金束駅〜平塚本郷)が5往復運行されている。このうち、長狭線は平塚入口交差点を左折し、平塚本郷で折り返す路線で、午後の1往復は吉尾幼稚園の開園日のみ運行する。
 平塚本郷終点は鴨川市西部の平塚区にあり、近くを流れる川のせせらぎが聞こえるだけだ。自動販売機や運転手用の簡易トイレはない。さらに歩くと、大山不動尊や大山千枚田の案内があるものの、いずれも鴨川駅寄りの釜山停留所側から歩くのがメインコースで、平塚本郷側は裏口のような感じとなっている。
 道路と回転場の境には花壇があり、駅名標のような「ふれあい花壇 平塚区」の標識が立つ。春になると目を楽しませてくれることだろう。ポールは新しく交換されているが、なぜか「鴨川日東」でなく「日東バス」と表記されている。日東交通から譲り受けたのか。
画像

 回転場の待合室は、以前のバラックのような朽ちた建物から、トタンの建物に建て替えられた。扉の上には時計が付いている。室内には丸太を加工したベンチがあつが、電気はない。待合室は手づくりで、地元住民の有志が建てたようだ(トタンはホームセンターあたりで購入したらしく、値段のバーコードが貼ってあった)。清掃用具も置かれているほか、誰かが寄贈(?)した房総信用組合のカレンダーが掲げられている。出入口の窓には、ひらつか地域活性化協議会の主催、NPO法人千葉自然学校の協力による「春の里山散策 山野草摘みと食する会」(3月21日に平塚区民センターで開催)の案内が貼ってあった。バス利用者は少ないものの、地域にバスが根付いていることが分かる。
画像←建て替えられた待合室

画像←待合室内

 回転場の奥には「進入禁止 ワンマンバス折返し場所に付、駐車及び進入は禁止します。ご協力お願いします。鴨川日東バス」の看板がある。「鴨川日東バス」が左に寄っており、右側の文字を消した跡がある。館山日東バス佐久間線(保田駅〜勝山駅〜金束)の廃止に合わせて、平成14年1月から17年9月まで、鴨川日東バスと天羽日東バスが共同担当していた湯沢線(金束〜湯沢)の終点・湯沢回転場にあった看板だ。金谷線開業によって廃止されたあと、平塚本郷に移設したものであろう。「日東交通」と書いてあれば上書きするはず。その隣には、廃棄された古いポールが2本立っている。
画像

 撮影時、回転場では12:15発の亀田病院行が待機していた。「ニッポンの里山」の風景に、小豆色、白色、若草色の車両は溶け込んでいると思う。長狭線と金谷線は、通学や通院だけでなく観光の需要もあるため、大型車の三菱U−MP218K(富士7E)を使用している。長狭線は主に「袖ヶ浦22 か 436」、金谷線は「袖ヶ浦22 か 438」が入る。
画像

画像

 平塚本郷の一つ鴨川寄りの平塚青年館停留所前には、平塚区民センター(公民館)がある。昭和44年に閉校した大山小学校平塚分校跡地で、「心のふる里 平塚分校の跡」の石碑が立っている。ブランコやすべり台の遊具があり、小学校の面影を残している(廃校から40年近く経っており、当時の遊具ではないと思われる)。ハイキングコースの案内板があり、バス待ちの間に散策するのもいい。最近になって木材を使ったトイレ新設工事が行なわれており、まもなく完成する。
画像←平塚分校跡に立つ石碑の横を通過する亀田病院行

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。長狭線のバスは、美しい里山の風景と「駅」と名のつくバス停に惹かれて何度か乗りました。平塚本郷は本当に何もないところですね。以前金束行に乗って、終点で保田行に乗り継ごうと思って運転手氏に訪ねたところ「廃止になったよ」と言われて愕然、そのまま折り返して帰ってきたことがありました。
急行うち房そと房
2010/03/16 22:44
> 急行うち房そと房様
コメントありがとうございます。
私も鴨川駅から金束乗り継ぎで、館山日東バス佐久間線に乗ってみたかったものです。復活版のような鴨川日東バス金谷線とは、また違った魅力があったと思います。実際に乗り継ぐ人は、バスファンぐらいだったでしょうね。
金束の広々とした回転場は、お気に入りでした。天羽日東バスと並ぶこともありましたね。
千葉バス太郎
2010/03/17 10:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鴨川日東バス】平塚本郷 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる