【千葉交通】成田200 か 232

 平成21年式の三菱ふそうBKG-MS96JP(三菱ふそうバス製造)。社番は「N926」で、成田営業所所属。
 「エアロクイーン」の40人乗りスーパーハイデッカー。平成20年式の「N825」に次ぐ増備車。当初はクラブツーリズム専用車として、ダークグレーに塗られていたが、現在は京成グループ共通カラーに変更されている。千葉交通のスーパーハイデッカーは、平成6年に貸切車に三菱ふそうU-MS821P(エアロクイーンⅡ)を導入して以来、一部の成田空港高速バスに三菱KL-MS86MP(エアロクイーンⅠ)を導入した実績がある。平成17年に「エアロバス」は「エアロエース」へとモデルチェンジしたが、「エアロクイーン」の名称はそのままとなっている。千葉交通ではエアロエースモデルのエアロクイーンになってから、スーパーハイデッカーの高速バスを導入していない。スーパーハイデッカーは堂々として見える。高速バスでスーパーハイデッカーに当たると、すごく得した気分になるものだ。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、貸切バスの稼働はめっきり減り、成田営業所で休んでいることが多い。撮影日は多古営業所におり、教習車として使用されていた。
DSC_3315.JPG↑三菱BKG-MS96JP。スーパーハイデッカーは存在感が違う(多古営業所)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント