【成田空港交通】成田230 う 13

 平成18年式の日野PJ-KV234Q1(ジェイバス)。成田営業所所属で、社番は「13」。
 日野ブルーリボンⅡワンステップバス。令和元年に京成バスから移籍してきた。京成バス当時の社番は「4437」で、新都心営業所で使用されていた。幕張本郷駅から海浜幕張駅周辺の通勤輸送と幕張メッセのイベント輸送向けに投入されたことから、ロングサイズの中扉4枚扉を採用していた。カモメカラーだった。
 成田空港交通移籍後は新型「スカイライナー」に合わせた塗装となっている。航空科学博物館の来館者に、「スカイライナー」との一体感を出すためか。成田空港ターミナルに乗り入れ前に、成田空港駅~成田空港ターミナル間の連絡バスを運行していた頃からスカイライナーと統一塗装を採用していた。また、正面には伝統的に社紋が付いている。京成カラーの車両にはない。社番に合わせた希望ナンバーを採用し、オリパラ仕様となっている。
 日野PJ-KV234Q1は写真の「13」のほか、「14」「15」「16」「17」の合計5両が在籍し、いずれも南部博物館線(成田空港第2ターミナル〜航空科学博物館入口~南部工業団地、成田空港第2ターミナル〜航空科学博物館~南部工業団地~サテライト成田ほか)さくらの山線(成田空港第2ターミナル〜さくらの山ほか)をメインに運用されている。平日の朝夕は南部工業団地への通勤客で混雑するため、ロングサイズの車両が好まれているようだ。また、平日(月~土曜日)のJR成田駅発国際医療福祉大学成田病院行の平日朝3本(復路は回送)にも使用される。病院勤務者と学生の利用が見込まれるからであろう。平日の日中以降と日祝日は、京成カラーの日野PJーKV234L1を使用している(令和2年11月23日の当ブログ参照)。
CSC_3246.JPG↑JR成田駅で待機中の日野PJ-KV234Q1。このあと、国際医療福祉大学成田病院行となる
DSC_3233.JPG↑リアの塗装はシンプル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント