【西武バス】成吉線

 成吉線は、吉60(吉祥寺駅~上石神井駅~富士街道~石神井公園駅北口~谷原三丁目~成増町、13.65㎞)をメインに、吉60-1(吉祥寺駅~上石神井駅~富士街道~西武車庫前、6.15km)、吉60-2(吉祥寺駅~上石神井駅~富士街道~石神井公園駅北口~谷原三丁目、9.75km)、吉60-3(吉祥寺駅~上石神井駅~富士街道~石神井公園駅北口、7.55km)、吉60-4(吉祥寺駅~上石神井駅~吉祥寺駅)、吉60-5(吉祥寺駅→立野橋、3.9㎞)、吉60-6(水道端→吉祥寺駅、3.2㎞)、石11(西武車庫前~富士街道~石神井公園駅北口~谷原三丁目~成増町、8.0㎞)、石12(石神井公園駅→富士街道→西武車庫前、2.0km)で構成されている。
 吉60-1、吉60-2、石11、石12は上石神井営業所の出入庫系統。吉60-5と吉60-6は、平成29年6月1日に新設された。西武新宿線上石神井駅の踏切渋滞を回避するため、上石神井駅に入らずに千川通りを使って向きを変え、(吉60-5)吉祥寺駅→立野橋…(回送)…(吉60-6)水道端→吉祥寺駅とセットで運行している。このほか、石10(石神井公園駅北口~谷原三丁目~成増町、6.1㎞)も設定されているが、現在は運行されていない。
画像←吉祥寺駅で待機する吉60(三菱QKG-MP37FK)

 吉60の所要時間は、60分前後で設定されている。西武新宿線の踏切を通過する立野橋~上石神井駅間(0.35㎞)は9分、石神井庁舎前~石神井公園駅北口間(0.4㎞)は7分とっている。
 青梅街道営業所から富士街道までは狭隘区間を通過する。立野橋~上石神井駅間は一方通行となっている。上石神井駅で西武新宿線の上石神井第1号踏切を通過するが、電車の運行回数が多いうえに、2面3線で緩急結合を行うので、ラッシュ時を中心に開かずの踏切となる。平成28年3月に社会資本総合整備計画、井荻駅から東伏見駅付近について、連続立体交差事業を「新規に着工を準備する区間」と位置付けられ、事業化に向けた検討を進められている。練馬区では立体化と合わせて、まちづくりも行う予定である。完了時期は未定だ。上石神井駅の三菱UFJ銀行付近は関東バスがメインで、西武バスは吉祥寺駅行乗り場があり、狭いところに人と車が混在しているため、時間帯によってバス誘導員が配置されている。
 さて、上石神井第1号踏切を渡ったすぐ左にバスターミナルがある。西武バスのほか、西03(西荻窪駅~八幡橋~上石神井駅~富士街道~大泉学園駅南口)を共同担当する関東バスも乗り入れる。バスターミナルの正面は降車専用、吉祥寺駅方向の乗り場は踏切を渡った三菱UFJ銀行の前にある。バスターミナル出口にあった上石神井駅案内所は平成23年頃に閉鎖され、建物も解体されている。
 バスターミナルには島式ホームがあり、バスが回り込んで停車する。各方面の路線と共用のため、バスを待つ人が溜まってしまう。構内は中休を行う路線があるため、4台分の駐車スペースと乗務員休憩室が設置されているものの、バスが4台埋まることはない。
画像←上石神井駅バスターミナルに成増町行が停車中。向かって左の自販機があるところに案内所があった

画像←のりば案内と路線図。駅前は狭いため、のりばが分散している

画像←ポールの行先表示は賑やか

画像←奥のバス待機場と乗務員休憩室

 石神井公園駅の立体化により、平成23年に旧石神井公園第1号踏切が撤去され、拡幅工事も完成して交通渋滞が解消された。ただし、交通量自体は多く、遅れがちとなる。
 終点の1つ手前の成増1丁目は、東京メトロの地下鉄成増駅の階段が近く、東武東上線の成増駅もここから歩いた方が早いので、ほとんどの乗客はここで降りてしまう。そして、次の成増町が起終点となる。成増町の目の前にも、東京メトロの地下鉄成増駅の階段があるものの、改札口から離れている。成増町は国道254号線上で折返し場がないため、成増町に到着すると、そのまま増72(成増町~白子折返場、1.85km)となり、白子折返場で休憩する。成増町は着発ダイヤで、吉60が遅れて到着することを前提に、増72では白子向山~白子折返場間(0.2㎞)の所要時を10分に設定している。(白子折返場の概要は、平成29年10月6日の記事を参照)
画像←起終点の成増町は、地下鉄成増駅の階段の目の前

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

西武バスが通るそばの通りかがり
2020年04月28日 17:05
時折拝読致しております。

成吉線に石10なるものが設定だけされていると言う事は知りませんでした。富士重工が撤退してからバスへの関心が薄らぎ、情報に疎くなっております。
「西武鉄道時刻表創刊号」でも 石11 は「車庫成増線」として成吉線とは別の独立した路線として扱われ、実際単独でかなりの本数が設定されていますが、これはかつて成吉線が下赤塚駅発着で運行されており、またそれにより成増周辺の経路が旧・成吉線では往路復路共通だった事、旧・成吉線が現「JA東京あおば」経由で「富士街道」方面には行かなかった事になどに起因しているのかも知れませんね。
吉祥寺ー上石神井間に於いても起終点や経路が変更されており、中井線以外では最後となった中央線-東上線直結路線であるなど興味深い存在です。
西武バスが通るそばの通りかがり
2020年04月28日 18:04
追伸
前コメント「富士街道」は停留所名称です。