乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日東交通】八重原団地

<<   作成日時 : 2019/04/23 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 君津市内循環線は、A廻り(君津駅北口→畑沢→君津製鉄所→大和田→君津駅北口→君津市役所→八重原→友好館前)、B廻り(八重原A3棟前→八重原→君津市役所→君津駅北口→大和田→君津製鉄所→畑沢→君津駅北口)ととなっている。約半数が君津健康センターを経由するほか、1往復のみ君津市役所を経由しない水道山下経由がある。A廻りとかB廻りとか、よそ者には分かりにくい。「回」でなく、「廻」を使うこだわりも渋い。
 旧・八重原社宅周辺は起終点が異なるので、案内類は「八重原団地」と総称する場合が多い。日本製鉄の畑沢(木更津市)、大和田、八重原の各団地(グループ会社を含めた社宅・寮)と君津駅北口を結ぶだけでなく、君津市役所への足としての役割を果たすので、君津駅北口を超えた利用もある。君津駅北口は都合2回通るので、通しで乗る人はいない。近年は寮や社宅が減って日常の利用者が減少したことから(君津製鉄所への通勤は専用バスをメインに利用)、国と県の補助を受けて運行している。平日・土休日とも同じダイヤで、平成22年10月1日のダイヤ改正で、君津駅北口〜八重原団地間などの区間便は廃止されている。
 八重原団地行のA廻りは君津駅北口→八重原寮前→八重原A3棟前→八重原A10棟前→八重原A8棟前→友好館前(終点)、八重原団地発のB廻りは八重原A3棟前(始発)→八重原A10棟前→八重原A8棟前→友好館前→八重原寮前→君津駅北口の順となっている。「A◯棟」は元・新日本製鐵社宅の名称だが、平成24年までに全て取り壊され、分譲住宅「ロア八重原」となっている。分譲住宅も日本製鉄関係者が多く住んでいるのだろう。
 平成31年4月1日から新日鐵住金は日本製鉄に社名が変更されたことから、通勤バスのポールも修正された。また、「鐵」の文字は「鉄」を使用するようになり、ポールの表記類も「君津製所」などは「君津製所」に変更された。ホームページのPDF時刻表も修正されている。
▽八重原A3棟前
 B廻りの起点で、A廻りの途中停留所となる。バスの停車スペースがあり、友好館前から回送されてきたバスが発車時刻まで待機している。
 以前の停留所名は「マーケット前」だったが、スーパーの閉店に伴って平成22年11月2日に改称されたものの、今度はA3棟の社宅も解体されてしまった。社宅跡地には特別養護老人ホーム「ウィステリア八重原」が建っている。
 また、次の八幡市場停留所も「八重原A8棟前」に改称されている。八幡製鐵(新日本製鐵の前身)のあった北九州市八幡区を連想させる停留所名だった。
画像←乗り場で待機するB廻り。背景にあった社宅は解体されて更地に

画像←ポールは停留所名を改称した名残りがある

▽友好館前
 A廻りの終点で、B廻りの途中停留所となる。友好館は日本製鉄関係者のコミュニティ施設だ。
 折返し場には看板類はない。社宅の取り壊しで行き止まりとなった道路を使用しているのか。主に折返し時間の長いバスや通勤バスが使用しているようだ。
画像←待機場

画像←友好館

▽八重原寮前
 八重原寮までは両方向ともバスが発着する。商店や飲食店が多いものの、半分はシャッターを下ろしたままだ。古い商店と対照的に、新しい分譲住宅が立ち並んでいる。
 大きな独身寮が2棟建っている。乗り場にはガレージのような待合室がある。ただし、君津駅北口&君津製鉄所方面の乗車側は反対側となる。
 周南線(木更津駅西口〜中央病院下〜八重原〜法木作〜周南公民館)も八重原団地を経由していたが、平成17年9月30日をもって廃止された。八重原寮前停留所のポールは古く、当時の表記が残っている。
画像←周南公民館の文字が読み取れる

画像
←ガレージのようなバス待合所

画像←八重原寮

車両編
▽エアロスター/スペースランナーA
 君津営業所が担当しており、貸切カラーのワンステップバスを使用している。君津営業所は移転により、現在は木更津市にある。
 写真は平成23年式の三菱LKG−MP35FK(三菱ふそうバス製造)。三菱エアロスターワンステップバスで、短尺となった。君津営業所は日本製鉄君津製鉄所の通勤輸送や構内輸送を担うことから、貸切色を採用している。現在の君津市内循環線のメインはいすゞLKG−LV234L3で、「966〜970」の5両配置されている。「ICカード」のステッカーは貼付されていない。
 現在、「898」「899」以外は路線に使用されず、特定専用となっている。特定車は側面に「特定旅客」と書かれており、「898」は「特定」、「899」は無表記となっているなど、バリエーションがある。かつては一般路線で使用していた車両のナンバーを撤去し、構内専用車として運行していたこともあった。
画像←2両のみ配置されている三菱LKG−MP35FK(富津営業所)

▽貸切カラーで全中扉の「エアロスター/スペースランナーA」一覧
【三菱PKG−MP35FM】
▽袖ヶ浦200 か 663、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 664、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 675、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 676、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 710、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 711、運賃箱撤去済
【三菱PKG−MP35UK】
▽袖ヶ浦200 か 772、運賃箱撤去済
▽袖ヶ浦200 か 773、運賃箱撤去済
【日産ディーゼルPKG−AP35UK】
▽袖ヶ浦200 か 851、運賃箱未確認
▽袖ヶ浦200 か 852、運賃箱未確認
▽袖ヶ浦200 か 853、運賃箱未確認
【三菱LKG−MP35FK】
▽袖ヶ浦200 か 898
▽袖ヶ浦200 か 899

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日東交通】八重原団地 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる