乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千葉交通】私は今も湯川車庫

<<   作成日時 : 2017/05/28 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 千葉交通成田営業所湯川車庫の跡地に、成田スカイアクセスの成田湯川駅が設置されて7年となるが、頭の古い私は成田湯川駅行のバスを、今でもつい湯川車庫行と言ってしまう。「そうか、湯川車庫はなくなって、今は成田湯川駅だったんだ」と思い直す。成田駅西口で「湯川車庫」の行先方向幕が目に焼き付いているからであろう。おじさんの思考回路は、まだ丸目ライトの日野ブルーリボンが、成田営業所管内をバンバン走っていた平成18年頃で止まっているようだ。
画像←成田スカイアクセス開業前日まで、「湯川車庫」の行先表示を見ることができた(平成20年10月19日、湯川待機所にて撮影)

 さて、湯川車庫の歴史を紐解いてみよう。「千葉交通100年のあゆみ」(平成20年10月、千葉交通発行)の資料によると、『昭和54年10月31日に成田ニュータウン輸送に伴う、当社に対する千葉県企業庁からの譲渡計画が決定。
・車両38両(昭和53年〜55年)
・基地(湯川車庫8,000u)
・基地内施設(営業所・スタンド・洗車機ほか)
・基地外施設(成田駅西口待合所・バス停ほか)
運行必要車両数を55両(ラッシュ時の輸送人員を8,000人として算出)とし、車両17両の無償譲渡を受けている。』とある。つまり、財産的には企業庁が建設したことになる。
 こうして、昭和55年4月24日に湯川車庫が開設された。当初の所属車両は全車大型車に統一されていたが、成田ニュータウン内の路線は、成田営業所本所や佐原車庫も受け持っていたため、中型車も乗り入れていた。本所と車両の入れ替えが多く、社番も分かれていなかった。平成14年頃から中型車が多くなっていった。
 平成19年2月8日に成田新高速鉄道の成田ニュータウン北駅(仮称、のちに成田湯川駅に決定)建設事業に伴い、湯川車庫の売買契約を締結。ただし、売却した用地の一部は、引き続き湯川待機所として使用していた(バス11台分)。湯川車庫構内では業務に並行して、高架橋の工事が進められた。
 平成20年2月1日に成田営業所が成田市花崎町から同市吉倉への移転に伴い、湯川車庫は車庫機能が廃止された。常駐する者がいなくなり、給油スタンドの使用停止や夜間留置もなくなった。
 平成20年8月7日から新駅整備までの間、湯川待機所(旧湯川車庫)を湯川車庫バス停横に仮移転。このあとに、事務所や施設が解体されたようだ。平成22年に入り、アクセス道路の拡幅工事が完成したのちに、駅前に待機所を本移転した。プレハブの休憩室も移設した。
 平成22年7月17日に成田スカイアクセス成田湯川駅開業に伴い、湯川車庫停留所を「湯川」に改称し、湯川〜成田湯川駅間を延伸し、現在に至っている。
画像←車庫機能廃止後も移転の上、待機所として存続していた(平成21年12月29日撮影)

 成田湯川駅の成田スカイサクセス高架下には3台分のバスベイが設置されている。現在の駅前広場は一般車・タクシー専用で、高架下がバスターミナルとなる予定だ。成田スカイアクセスの北側に国道464号北千葉道路の延伸工事と、JR成田線の移設工事が行われていることもあり、バス進入路は工事用車両専用で、バスベイは未使用となっている。
 現在のバス乗り場は暫定なので上屋がなく、高架下の方が雨に濡れずに乗降できるものの、距離が少し離れてしまう。北千葉道路の共用開始までには期間がかかりそうだし、現在の駅前広場は鉄道利用者自体が少ないので、当分の間はこのままであろう。わざわざバス乗り場を分ける必要はなく、現在の位置でいいと思う。
画像←成田湯川駅で発車待ちする千葉交通

画像←未使用のバスベイ

画像←湯川待機所

画像←旧湯川待機所。向かって右側が湯川停留所

画像←湯川停留所のポール。吾妻経由成田駅西口などが停車

 旧湯川待機所跡地は使用されておらず、プレハブの休憩室と簡易トイレが撤去されただけで(新待機所に移動)、白の区画線はそのままだ。隣りのコンビニはスリーエフからローソンに変わっている。
 成田ニュータウン内の停留所のポールは、企業庁の負担で設置されたため、大半が電照式となっているものの、今でも行先表示や運行系統図は「湯川車庫」のままだ。このほかの停留所でも、「公社前」(現:成田税務署前)、「日航寮」(現:ニュータウン中央)、「地区センター」(現:ボンベルタ)、「センタービル」(現:赤坂二丁目)などが残っているかもしれない。そもそも、行先表示が幕式だった頃は「成田駅西口」を「駅西口」と略していた。
画像←今でも一部のポールには「湯川車庫」の表示が残る(八代線・給食センター停留所)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千葉交通】私は今も湯川車庫 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる