乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【津久井神奈交バス】奥牧野

<<   作成日時 : 2016/09/01 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 野05(藤野駅〜赤沢〜賽の神〜奥牧野、7.7km)と野12(藤野駅〜赤沢〜賽の神〜やまなみ温泉〜奥牧野、10.7km)が乗り入れる。やまなみ温泉の野12が中心で、野12は賽の神〜やまなみ温泉間を往復する。賽ノ神から先は自由乗降区間なので、利用者はうまく活用しているようだ。かつては奥06(奥牧野〜賽ノ神〜大久和〜篠原)も運行されていた。
 奥牧野は「おくまの」と呼ぶ。旧藤野町で、現在は政令指定都市の相模原市緑区となっている。
画像←奥牧野のポール。神奈中時代に設置された古いもので、奥06の篠原行を消した跡が残る

画像←折返し場を示す看板。社名が読み取れない

画像←のどかな折返し場。バスは左の下り坂を降りてきた

画像←発車待ちする藤野駅行。貴重なツーステップバスの三菱KK−MK23HJ。このような光景も間もなく見納めだ

 折返し場は砂利敷きで、ポール1本のみ。待合所やベンチ類はない。自動販売機などは、手前に戻れば雑貨屋がある。そばに農産物の無人販売所があるだけの閑静な場所だ。
画像←無人の野菜販売所

 牧野の集落を過ぎ、S字の坂を下ると終点の奥牧野だ。このまま県道35号・四日市場上野原線を道なりに進むと、山梨県上野原市となる。
 一方、富士急山梨バス無生野線(本町三丁目〜上野原駅〜坂下〜奥牧野〜無生野)の奥牧野停留所は集落の中にあり、津久井神奈交バスは素通りする。ただし、平日2往復、土休日3往復と運行回数は少ない。津久井神奈交バスの奥牧野停留所を通過する。一方、富士急山梨バスも、津久井神奈交バスの奥牧野を素通りする。うまくプランを立てれば、藤野駅〜奥牧野〜上野原駅間の乗り継ぎも可能だ。特に富士急山梨バスは土休日の午後も運行されているのでありがたい。
画像←富士急山梨バスの奥牧野停留所。ポールは最近交換された

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【津久井神奈交バス】奥牧野 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる