乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈川中央交通】121系統

<<   作成日時 : 2016/07/02 12:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 121系統(保土ヶ谷駅西口〜洪福寺〜川島住宅〜羽沢団地前〜新横浜駅前、19.5km)は、平成19年4月1日に横浜市交通局から移譲を受けた。あわせて、起点が保土ヶ谷車庫から保土ヶ谷駅西口に変更された。「横浜市生活交通バス路線維持制度」による補助対象路線となっている。横浜市営バスからの移譲路線は、系統番号が数字のみとなる。また、新横浜駅の停留所名は「前」が付く。
 神奈中では唯一、保土ヶ谷駅西口と新横浜駅に乗り入れる。保土ヶ谷駅の東口は乗り入れ路線があり、新横浜駅前には一時期、田村車庫・本厚木駅南口〜新横浜駅前を結ぶ路線を運行していた。また、新横浜駅では川崎鶴見臨港バスと顔を合わせる。
 横浜市道路局によると、平成27年度の利用状況は乗車人員が1,476人(1便当たり37.8人)、補助金交付額は3739万2千円となっている。利用者はコンスタントにいるものの、羽沢団地周辺は横浜市営バスや相鉄バスが横浜駅西口からの路線を運行しているし、上星川は相鉄線の上星川駅があるので、わざわざ神奈中を選んで乗る人は少ない。もっとも、利用者が多く、黒字路線であれば横浜市も委譲しなかったはずだ。
 大和営業所中山操車所(横浜神奈交バス中山営業所管理委託)が担当。保土ヶ谷駅西口や新横浜駅前では、渋滞による延着を見越して折返し時間を長めに確保している。出入庫は新横浜駅前〜中山操車所間を回送する。
画像←新横浜駅前に唯一乗り入れる121系統(三菱PJ−MP35JM)

画像←新横浜駅で川崎鶴見臨港バスと並ぶ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈川中央交通】121系統 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる