乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【津久井神奈交】寸沢嵐坂上

<<   作成日時 : 2016/06/27 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 寸沢嵐坂上(すあらしさかうえ)には、湖22(相模湖駅〜プレジャーフォレスト前〜寸沢嵐坂上〜阿津〜三ケ木、8.65km)しか停車しない。しかも、湖22は日祝日に1往復運行のため、1週間に1日しかバスが来ない。相模湖駅や藤野駅発着路線は平日ダイヤと土休日ダイヤだが、この湖22は例外で、土曜日は湖21として運行され、寸沢嵐坂上を経由しない(相模湖駅発、三ケ木発は同じ時刻)。土休日運行ではなく、休日運行となっている点が変わっている。
画像←相模湖駅で待機する湖22。津久井神奈交バスが担当(三菱PJ−MP35JM)

 元々は湖22に加え帝京大学相模湖キャンパス(薬学部)のスクール輸送を担う湖30(相模湖駅〜急行〜帝京大学前)も運行されていた。しかし、相模湖キャンパスの板橋キャンパスへ移転により、平成24年4月に廃止となった。停留所名も「帝京大学前」から「寸沢嵐坂上」に改称した。湖22は平日と土曜日は運休となり、休日のみの運行となった。津久井神奈交バスとしても減収の影響は大きいだろう。
 帝京大学のキャンパス廃止後も薬用植物園があるほか、跡地は平成27年3月に帝京大学グループの社会福祉法人が経営する特別養護老人ホーム「相模湖みどりの丘」がオープンした。
画像←帝京大学前から改称に合わせて、ポールも新品に交換された

画像←運行回数が休日1往復のみでも、きちんと整備されている

 さて、寸沢嵐坂上は阿津〜寸沢嵐間の丘の上にある。阿津〜寸沢嵐坂上間は0.9km(3分)、寸沢嵐坂上〜寸沢嵐間は0.7km(2分)で、湖21が阿津〜寸沢嵐間の0.4km(1分)に比べて長く、所要時間も4分多くかかる。
 帝京大学前当時のロータリー型で、一周して折り返す。かつては多くの通学生が利用していたので、上屋も設置され、ベンチもたくさんある。折返し場には、帝京大学所有の自家用バス(八王子ナンバーの三菱エアロエース)が留置されている。用途は不明だ。
画像←乗り場はベンチが整備されている

画像←ロータリー上の折返し場の一角には、帝京大学の自家用バスが止めてある

 寸沢嵐坂上には、三ケ木13:28発の相模湖駅行(寸沢嵐坂上13:33発)と、相模湖駅14:00発の三ケ木行(寸沢嵐坂上14:12発)が経由する。同じ車両の折り返しで、津久井神奈交バスが担当する。
画像←バス停正面の帝京大学と老人ホームの入口

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【津久井神奈交】寸沢嵐坂上 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる