乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈川中央交通】本郷車庫前

<<   作成日時 : 2016/02/14 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 目の前に横浜営業所本郷車庫がある。かつての横浜営業所本所は笹下車庫に置かれていたが、平成13年12月に笹下車庫の廃止により、本郷操車所が本所に格上げされた。現在は傘下に舞岡操車所を置くものの、業務は全面的に横浜神奈交バス舞岡営業所へ管理委託している。本郷車庫はスペースが狭いことから、大掛かりな点検整備は舞岡操車所で実施している。
 構内は昭和61年に横浜市都市計画道路・舞岡上郷線の整備によって分断され、都市計画道路を挟んで第二車庫があり、スクールバスが常駐している。
画像←本郷車庫前のポール。奥のバスは本郷車庫に入庫するところ

画像←営業所側の金沢八景駅方面乗り場。本郷車庫前始発の港南台駅行と大船駅行もここが待合所で、バス出入口が乗り場となる

画像←正面から見た構内。神奈中の営業所としてはスペースが狭い方であろう

 環状4号線を形成する県道23号・原宿六ツ浦線に面し、平成2年8月に港南台方面の横浜市都市計画道路が開通した。交差点の名称が「神奈中車庫前」となっている。バス会社名を付けるケースは珍しく、舞岡上郷線ができた頃は何もなかったのであろう。神奈中車庫前交差点ができてからは信号待ちの車で流れが悪く、渋滞するようになってしまった。定時運行が難しいことから、大船駅や港南台駅では折り返し時間を長めに確保している。
 横浜市南部の大船駅発着や港南台駅発着がメインで、横浜駅や桜木町駅に乗り入れる路線は少ない。笹下車庫廃止時に、一部の路線は当時の舞岡営業所に移管された。
 本郷車庫は夜行高速バスの休憩所となっている。神奈中では夜行高速バスから撤退しているが、共同運行相手だった他社の予約・発券業務などを継続している。
画像←夜行高速バスの拠点でもある。前列左が中国バスの広島・横浜線「ドリームスリーパー号」、右が「メイプルハーバー号」、後列が西日本JRバスの大阪・京都〜横浜線「ハーバーライト」

画像←横浜営業所の「かなみん」(三菱QKG−MP37FK、港南台駅)

 なお、営業所正面にある「らーめん花樂」大船店は、神奈中システムプランが経営している。 大船店は神奈中グループの食堂業1号店で、フランチャイズの「札幌ラーメンくるまや」(くるまやラーメン)として昭和52年10月に開店。平成12年4月にくるまやラーメンとのFC契約を解除して独立した。現在は折返し場跡地や主要駅ビルのテナントなど15店舗に進出している。
 メニューが豊富で値段もリーズナブルとあって、お客の入りは良く、駐車場も満車となる。個人的な感想としては、濃厚なスープに太麺で美味しかった。いろいろなメニューを試してみたいものだ。
画像←交差点名が神奈中車庫前。後ろにある「らーめん花樂」は神奈中グループが経営

画像←小生が「らーめん花樂」大船店で食したランチの味噌ラーメンセット。味噌ラーメン、餃子4個、半ライスのセットで750円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈川中央交通】本郷車庫前 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる