乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千曲バス】下秋和車庫

<<   作成日時 : 2015/11/11 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 上田駅お城口にいると、千曲バスに「上田駅・秋和」の表示を出したバスが次々とやって来るので、市街地にある車庫のような印象を受けてしまう。ここには千曲バス上田営業所があり、長野新幹線の車窓からも見える何もないところで、広い敷地にバスがずらりと並んでいるだけの印象だ。国道18号線から300mほど入ったところで、ドラッグストア「カワチ薬品」ができるまでは何もなかった。あとは真田自動車学校ぐらいで、平成9年に長野新幹線が完成した後に、新しい建物が次々とできたようだ。
 停留所名は下秋和車庫となっている。古い航空写真を見ると、上田営業所は違う場所にあったようで、昭和50年代に移転したと思われる。
 鹿教湯線(下秋和車庫〜上田駅〜大屋駅〜丸子駅〜鹿教湯車庫〜奥鹿教湯)と青木線(下秋和車庫〜上田駅〜小泉〜青木)をメインに、上田駅方面には1時間あたり2〜3本運行されている。祢津線(下秋和車庫〜上田駅〜中吉田坂上)は運行回数が少なく、しかも土休日は半数が上田駅折返しとなる。その他の路線は土休日運休が多い。下秋和車庫周辺は住宅が少ないので、乗降客は少ない。
 一方、昼行高速バス池袋駅東口行、新宿駅西口、立川駅行、夜行高速バス大阪行も発着するが、停留所名は「上田営業所」と異なる。
画像←出入口には稼ぎ頭の高速バスをPR

画像←プレハブの待合室。奥が上田営業所事務所

画像←バス利用を呼びかける様々な掲示物

 上田営業所は小諸営業所よりも規模が大きい。出入口には千曲バスグループである千曲観光の看板と、高速バスのPR看板が立ち、乗り場とプレハブの待合室がある。待合室の壁には自社広告のほか、バス利用促進を呼びかけるポスターや500円バスをアピールするポスターなどが貼られている。長野県内は公共交通離れが深刻で、各事業者とも経営が行き詰まっており、千曲バスも東京のタクシー事業者のグリーンキャブの経営支援を受けている。グリーンキャブグループとなってからは高速バスに力を入れており、新車を積極的に導入している。
 事務所は高速バス上田予約センターが併設されている。構内の一角は高速バス利用者駐車場となっている。
画像←一般路線用の駐車スペース。左の2台は小諸営業所の貸切車

画像←コミュニティバスも多く受託

画像←高速バスのいすゞガーラ奄ニ三菱エアロエース


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千曲バス】下秋和車庫 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる