乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈中、相鉄】若葉台南

<<   作成日時 : 2015/09/20 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、5系統(横浜駅西口〜梅の木〜鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜若葉台中央)を大貫橋で降りた時、正面に高い橋が見えた。人道橋でもなさそうだし、採石場のコンベヤーでもなさそうだ。この日は亀甲山待機場の訪問が目的だったので、そのまま通り過ぎたのだが、気になってあとで調べると、大貫谷戸水路橋と判明し、後日改めて訪問してみた。
 大貫谷戸水路橋は大貫橋〜若葉台南の間にある。この区間を通る路線は複数あるが、116系統(三ツ境駅北口〜大貫橋〜若葉台中央)がメインで、神奈川中央交通と相鉄バスの共同担当で、神奈中3:相鉄1ぐらいの割合となっている。平成19年11月30日までは横浜市営バスも担当していた。行先表示に「共通定期券取扱車」の文字が入る。
画像←116系統は「共通定期券取扱車」の表示入り(三菱PKG−MP35UM)

 若葉台南停留所は横浜市営バスのポールを使用している。円盤は「神奈中・相鉄」のシールを貼り、運行系統図には「市営」の文字を消した跡がある。他の停留所は交換済みで、いずれは交換されるであろう。
画像←横浜市営バス運行時の名残りを示す若葉台南のポール。後方は大貫谷戸水路橋

 さて、大貫谷戸水路橋は昭和27年9月に完成したトレッスル橋脚を有する鋼水路橋で、延長414m(鉄鋼水路306m)、高さ23mを誇る。相模湖系原水の導水路として西谷浄水場に至る流量1日48万㎥の水路橋で、鋼桁がそのまま水路となっている。「かながわの橋100選」に選定されている。
画像←大貫谷戸水路橋の下を行く神奈中バス。下から見ると迫力満点

画像←橋上の門扉から水路を見る。奥の高層住宅は若葉台団地

画像←案内板

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈中、相鉄】若葉台南 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる