乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神奈中・相鉄】亀甲山

<<   作成日時 : 2015/09/13 10:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 「かめのこやま」と読むユニークな停留所名だ。保土ヶ谷バイパスの上川井インターチェンジ入口の近くにある。亀甲山には、横04系統(横浜駅西口〜梅の木〜鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜亀甲山〜下鶴間〜鶴間駅東口)、間01系統(鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜亀甲山〜下鶴間〜鶴間駅東口)、116系統(三ツ境駅北口〜亀甲山〜大貫橋〜若葉台中央)、境21(三ツ境駅北口〜亀甲山〜大貫橋〜若葉台中央〜十日市場駅)の各系統が乗り入れるが、起終点となる路線はない。亀甲山手前の大貫橋までは、5系統(横浜駅西口〜梅の木〜鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜若葉台中央)、115系統(鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜若葉台中央)、峰02(鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜若葉台中央〜十日市場駅)がある。116系統は相鉄バスと共同運行路線。
画像←鶴ヶ峰駅・横浜駅西口・若葉台中央・十日市場駅方面のポール。最近になって横浜市営バス仕様から神奈中仕様に交換された

画像←三ツ境駅北口・鶴間駅東口方面シェルターは、横浜市営バス当時のまま

 かつて、横浜市営バスが5系統・横浜駅西口〜鶴ヶ峰駅〜今宿〜大貫橋〜亀甲山・若葉台中央間を運行していたが、平成20年2月12日から神奈中に委譲され、亀甲山行は廃止され、若葉台中央行に統一された。このほか、5系統では鶴ヶ峰駅〜今宿〜よこはま動物園を神奈中に委譲し、115系統の今宿ハイツ循環(鶴ヶ峰駅→今宿ハイツ→グリーンヒル上白根→鶴ヶ峰駅)も神奈中単独運行となっている。また、116系統は横浜市営バスも担当し、3社共同担当路線だったが、いち早く平成19年11月30日限りで横浜市営バスは撤退した。
 横浜市営バスの亀甲山折り返し場は一時期、中古車販売店となっていたが、平成27年になって神奈中が待機場として使用することになった。5系統が若葉台中央〜亀甲山待機場を回送している。横浜市営バスで整備した乗務員休憩室と、バス5台分の駐車スペースがあり、昼前後を中心に3〜4台が待機している。中山操車所は遠いので、有効に活用しているようだ。神奈中にこのような乗務員休憩室は少ない。
画像←亀甲山待機場

画像←三ツ境駅北口・鶴間駅東口方面の乗り場から待機場を見る

 鶴ヶ峰駅・横浜駅西口・若葉台中央・十日市場駅方面のポールは、長らく横浜市営のものを使用していたが、最近になって神奈中仕様に交換された。ただし、三ツ境駅北口・鶴間駅東口方面は横浜市が設置したシェルターに貼られた🚍のロゴがポールの代わりのため、そのままとなっている。
 それにしても、横浜駅西口発の若葉台中央行と鶴間駅東口行は、国道16号線の交通渋滞で鶴ヶ峰駅の到着が大幅に遅れることがある。鶴ヶ峰駅で「神奈中バスロケ」を調べていたところ、最初は「鶴ヶ峰駅にあと○分で到着 運行中 (○分遅れ)」だったのが、いつの間にか「この便は、正確な情報 が提供できていない可能性があります」に変わってしまったことがある。バスは十数分遅れて到着した。交通渋滞による延着を見越して、若葉台中央で折り返しの時間を長めにとってあり、横04は鶴間駅東口に到着後、大和営業所鶴間操車所へ回送する。
 横04系統と5系統は横浜駅西口から直通なのが魅力で(横浜での乗り換えは面倒だし、鶴ヶ峰は特急や急行が停車しない)、時間さえ気にしなければ楽なので、それなりの根強いニーズがあるのだろう。
画像←5系統は横浜市営バスからの委譲路線。横浜市営バスの縮小により、神奈川中央交通が鶴ヶ峰駅に来る頻度が増えた(三菱PJ−MP35JM)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神奈中・相鉄】亀甲山 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる