乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【津久井神奈交バス】ツーステと会いに

<<   作成日時 : 2015/08/16 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、津久井神奈交バスに残るツーステップバスが、急速に数を減らしつつあることから見に行ってきた。平成27年度中にすべて置き換えられてしまう公算が高い。
 橋本駅北口から橋01で三ヶ木に向かうと、待機場に三菱KC−MK219Jの「T−11」が止まっていた。エアロミディはもとより、神奈中では最古参の平成11年式で、しかも最後の「KC−」かつ二段窓という、希少価値のある車両だ。このクルマより新しい三菱KK−MK23HJが廃車になる中で残っているので、状態が良いのであろう。そこで、「T−11」を撮るべく、自宅を出る前に「神奈中バスロケ」で下調べした結果、午前中は藤野駅〜和田の運用を終えて中休に入っており、午後は藤野駅〜やまなみ温泉〜奥牧野がメインとなる運用と判明。
画像←三ヶ木で待機中の「T−9」

 そこで、相模湖駅から藤野駅に向かうことにした。おりしも、構内で入れ換え中の三菱KL−MP33JMの「T−9」がいいポジションに待機していたのでパシャリ📷。「T−9」は11:32発のプレジャーフォレスト前経由相模湖駅行となるのだが、これでは早いので、次の12:02発のプレジャーフォレスト前経由相模湖駅行に乗車することにした。しかも、この便も三菱KL−MP33JMの「T−13」が入る。これで、津久井神奈交に残る大型ツーステップバスを2両とも見ることができた。
画像←別の日に撮影した「T−13」。この日は国道413号線の交通渋滞に対応して、橋01の臨時で使用

 「T−13」の後ろを「T−11」が回送で追いかけてきたが、ブレジャーフォレスト前で客扱い中に追い越していった。途中で回送中の「Tー9」とすれ違う。「T−11」には相模湖駅の手前で追いつき、構内の待機スペースに入った。12:40発の藤野駅行となり、さらに藤野駅13:10発のやまなみ温泉経由奥牧野行となる。このまま乗りたい衝動に駆られるが、時間がかかってしまうので断念した。
画像←相模湖駅で待機中の「T−11」

 相模湖駅では、行楽客を乗せてプレジャーフォレスト前経由で三ヶ木に引き返した「T−13」と、乗客ゼロで藤野駅に向かった「T−11」を見送る。
 相模湖駅13:00発のプレジャーフォレスト前経由三ヶ木行は、三菱PJ−MP35JMの「T−6」だった。3月に転入してきた津久井神奈交初のエアロスターワンステップバスだ。13:06発の桂橋経由三ヶ木行は先ほど見かけた「T−9」が来た。
 13:30発のプレジャーフォレスト前経由三ヶ木行は、新しい「T−1」のいすゞPDG−LR234J2だ。伊勢原営業所秦野操車所から転入してきた車両で、元「T−1」の三菱KK−MK23HJを置き換えた。他の営業所の運転士の話によると、三菱KK−MK23HJよりもパワーがあって運転しやすいというので、坂の多い津久井管内では頼もしそうだ。津久井神奈交にも三菱PJ−MP35JMに続いて、いすゞPDG−LR234J2が配置されるとは時代が変わったものだ。むしろ今までが冷遇されていたといえよう。
画像←秦野操車所から転入してきた「T−1」。津久井神奈交初のいすゞエルガミオ(相模湖駅)

※おことわり
 本記事は8月13日に取材したもので、文中の「T−11」は8月16日付で廃車となり、三菱KC−MK219Jは型式消滅しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【津久井神奈交バス】ツーステと会いに 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる