乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日東交通】富士7Eに捧げる鎮魂歌

<<   作成日時 : 2015/02/23 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 日東交通本体の富士7Eボディは、平成元年から平成5年まで導入された。ワンステップバスが導入された平成19年から廃車が始まり、現在は君津営業所に新日鐵住金の特定車が大半だ。木更津営業所に予備車として2両残っているが、間もなく終焉を迎えようとしている。あとは君津営業所の構内専用車だけとなった。
 分割子会社の館山日東バスと鴨川日東バスはオリジナル車は姿を消しており、元川崎鶴見臨港バスのいすゞU−LV324Kだ。このうち、鴨川日東バスの車両は館山日東バスから移籍車で、スクールバス専用となっている。
 小生のアルバムから数台をピックアップし、20年余りの活躍に労をねぎらうことにしたい。
画像←富士7Eと富士5Eが並ぶ良き時代の木更津営業所(平成20年8月)

画像←八幡台ニュータウンに集う富士7E(平成19年11月)

画像←新日鐵の特定輸送に使用されていた日産ディーゼルP−U33K。君津営業所所属。日産ディーゼルP−U33Kは貸切色のみだった。君津市内循環線用の日産ディーゼルU−UA440HSNは運賃箱が付いており、君津市内循環線でも使用された(平成19年10月、富津営業所)

画像←三菱P−MP218K。木更津営業所所属。八幡台ニュータウン線(木更津駅東口〜上烏田〜八幡台ニュータウン)は一時期、「三菱+富士7E」がメインで、予備車が「三菱+富士5E」だった。平日朝の1往復のみ潮見線(木更津駅西口〜木更津市役所〜ソニー木更津)で運用(平成20年8月、木更津駅西口)

画像←三菱U−MP218K。木更津営業所所属。周西線の今なき粟倉行。平成21年11月に中島までに短縮されている。LEDに交換することなく一生を終えた(平成19年10月、君津駅南口)

画像←三菱U−MP218K。木更津営業所所属。三菱車に1両だけ引き違い窓が在籍。当初は鴨川営業所に配置されていたが、分社時に木更津営業所へ転属し、八幡台ニュータウン線で活躍。末期は予備車として潮見線などで使用(平成20年7月、八幡台ニュータウン)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日東交通】富士7Eに捧げる鎮魂歌 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる