乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【JRバス関東】千葉200 か 26−61

<<   作成日時 : 2015/01/26 08:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 平成14年式の日産ディーゼルKL−UA452KAN改(富士新7E)。称号は「L538−02503」で、八日市場支店所属。元東急バスの車両。昭和35年から46年にかけて「国鉄バス」の一般路線車両として採用されていた黄土色を基調とした「黄色いつばめ」の復刻デザインバス。塗装だけでなく、前面に動輪マーク、側面につばめマークが取り付けられたほか、「国鉄」の表記も再現されている。ノンステップバスで、車内は東急バスのままだ。
 平成26年3月に中央道支店に配置されたのを皮切りに、白河支店、佐野支店古河営業所、土浦支店を経て八日市場支店に転入。八日市場支店は約20年ぶりの日産ディーゼル車が配置された。平成27年1月から2月末まで、多古線(八日市場駅〜多古仲町〜三里塚〜JR成田駅)で使用されている。固定ダイヤで、運行時刻はホームページに掲載されている。平日は片道1本のみの成田空港発八日市場駅行にも入る。
画像←日産ディーゼルKL−UA452KAN改(富士新7E)(三里塚)

画像←国鉄といえば動輪マーク

画像←つばめマーク。「国鉄」の文字も再現

■「黄色いつばめバス」撮影記
 先日の土曜日、「黄色いつばめバス」を撮るべく(家を出た時間が遅く、JR成田駅10:40発の三里塚行に間に合わなかった)、東京駅10:10発の芝山千代田駅行の高速バス(千葉交通担当)に乗車し、三里塚駅で待ち受けることにした。高速道路は渋滞もなく順調だったが、早く見たくて乗車時間がもどかしい思いだった。ただ、三里塚は3両が中休をとるので、駐車位置にも左右され、せっかく行ったところでうまく撮れるかどうか分からない。
 利用者は少なく、一般道も空いていたので、定刻より早く11時20分頃に三里塚公園に到着した。ここから徒歩約5分の三里塚駅に向かう。構内には「黄色いつばめバス」のほか、元東急バスの日野ブルーリボンノンステップバス(L537−99513)、自社導入の日野レインボー(L327−01201)の3台が止まっていた。本命の「黄色いつばめバス」は、前向きでない位置に止まっている。幸いにも日野ブルーリボンノンステップバスと被っておらず、今日は曇りなので影もない☁
 11時50分頃、休憩室から現れた運転手がブルーリボンノンステップバスのドアを開けると、バックでJR成田駅行の乗り場に付けた。ファインダーの中からブルーリボンがいなくなったので、思う存分撮影できたのはありがたい(後部はフェンスがあるので撮影できない)。本来は試乗したかったのだが、このあと都内で所用があり、なるべく早く戻りたいので、三里塚13:35発のJR成田駅行を待ったり、JR成田駅に先回りして14:20発の三里塚行を待ち受ける気にならず、後部が向かい合わせシートとなっているブルーリボンノンステップバスに乗って帰途に就いた。1月なので、久々の「成田山迂回」を体験した。
画像←三里塚では元東急バスの先輩であるブルーリボンノンステップバスと再会。八日市場支店は三菱エアロスターや日野HRも配置されているので、「東急バス八日市場営業所」のようだ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【JRバス関東】千葉200 か 26−61 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる