乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千葉交通】小見川駅

<<   作成日時 : 2014/08/31 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 旧小見川町中心部で、佐原駅から銚子駅までで唯一の直営駅(佐原駅管理)。昭和6年に成田線が開業した当時の駅舎を使用している。みどりの窓口が設置されている。
画像←小見川駅

 小見川駅は千葉交通のジャンクションで、府馬線(小見川駅〜府馬〜旭駅〜旭農高〜旭中央病院)、大倉線(粉名口車庫〜佐原駅〜津の宮〜大倉〜小見川駅〜小見川総合病院)、神里線(粉名口車庫〜佐原駅〜県立佐原病院〜香取神宮〜神里〜小見川総合病院〜小見川駅)、香取市コミュニティバスの小見川循環バス山田区循環バスが発着する。
 北総地区の拠点の一つとして小見川営業所が置かれ、最盛期は栗源線(京成成田駅〜東成田駅〜赤池〜栗源〜小見川駅、現在は成田空港〜栗源〜ジェイフィルム)、小銚線(小見川駅〜笹川駅前〜銚子駅〜陣屋町)、小貝野線(小見川駅〜五郷内〜小貝野)、渡船場線(小見川駅〜渡船場)、新里線(八日市場駅〜新里〜山倉〜小見川駅、のちに山倉線として、小見川駅〜九十九塚〜山倉に短縮)なども運行されていた。
 「千葉交通60年のあゆみ」(昭和44年3月発行)によると、昭和43年9月30日現在、小見川営業所の従業員数は77人(このうち運転士29人、車掌35人)、ダイヤ数22、車両数23両を擁する規模であった。相次ぐ路線縮小により、出張所に格下げされたのちに車庫化された。さらなる合理化で、平成20年2月1日に銚子営業所旭車庫に統合された。車両は旭車庫から回送しており、駅近くの回転場で折り返す。敷地内の事務所や整備工場は解体され、空地のままとなっている。
画像←小見川回転場

画像←ありし日の小見川車庫。事務所や洗車機のほか、整備工場(ガレージ)が残っていた(平成18年11月7日撮影)

画像←廃止された小見川車庫。施設は解体され、車庫の面影はない

 乗り場裏の月極駐車場には、かつて古びた大きな待合室と千葉交通旅行社の窓口があった。最近になって、乗り場に上屋が設置された。
画像←バス乗り場

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千葉交通】小見川駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる