乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【JRバス関東】三里塚駅

<<   作成日時 : 2014/06/11 17:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 JRバス関東多古線(八日市場駅〜多古・三里塚〜JR成田駅)の三里塚駅は、千葉県道62号・成田松尾線(芝山はにわ道)と県道106号・八日市場佐倉線が交差する三里塚交差点の角にある。県道106号線は旧国道296号線(成田街道)の旧道だが、現在でも交通量は多い。三里塚は成田空港建設反対運動で知られている。
 八日市場駅・多古方面からの便は車内が閑散としているが、三里塚を過ぎると利用者が一挙に増える。三里塚〜JR成田駅間は区間便が多数設定されており、三里塚発でみると、JR成田駅行は平日37本、土休日27本(平成26年3月15日改正)で、平日15〜30分間隔、土休日30〜60分間隔の頻度を誇る。
画像←三里塚駅舎
 
 三里塚には「バス駅」が建っている。外観は塗り直されているものの、駅名表示は消えかかったままなのは残念だ。駅舎は2階建てで、1階の待合室ときっぷ売り場は閉鎖され、物置となっている。出入口を隠すように看板広告が並んでいる。2階の乗務員休憩室のみ使用している(別のドアから出入りする)。
 構内の出口に掲げられている「一般車進入禁止」の看板は、なぜかJR東日本とJRバス関東の連名で記載されている。
 構内には乗り場のほか、3台分の駐車スペースがあり、三里塚折返しの区間便が中休を行なっている。夜間停泊が行われており、三里塚始発のJR成田駅行は5:25発と早い(平日)。
画像←JR成田駅方面の出口の看板は、JR東日本とJRバス関東の連名に

画像←JR成田駅方面乗り場。構内に3台が中休

 乗り場は両方向とも屋根付きで、多古・八日市場駅行乗り場には、「乗り換えなし。ゆったり座って、東京駅へ!」と東京駅〜富里バスターミナル・三里塚・多古・八日市場駅・匝瑳市役所間の高速バスをPRしている。ただし、高速バス乗り場は三里塚駅から150m離れた三里塚公園停留所となる。
 さらに、近くには成田空港交通の博物館線(成田空港〜芝山千代田駅〜航空科学博物館〜三里塚〜AMB南三里塚)の三里塚停留所もある。
画像←多古・八日市場駅方面乗り場では高速バスをPR。芝山千代田駅経由多古行が停車中

 JR成田駅行乗り場の近くには、国鉄バス当時のポールが放置されている。なぜか「千葉交通バス」を「国鉄バス」と上書きしてあり、「18」と「26」という謎の数字が記載されている。おそらく、この数字は整理券番号かと思われる。「18」は今なき山武線、「26」は多古線だったのかも知れない。なぜ千葉交通のポールを国鉄バスが使用していたのか不思議である。国鉄バスと千葉交通が共同使用であれば、社名が並列に書かれているはずだ。
画像←千葉交通仕様の「国鉄バス」のポール

 駅舎は閉鎖されて久しいが、今でも「三里塚駅」と呼ばれており、成田市役所が設置した自転車駐輪場の名称も、「三里塚駅前駐車場」となっている。駐輪場は自転車100台、バイク20台分のスペースがあり、バスに乗り換える人が多いことが分かる。また、隣の浅間神社に公衆トイレがある。
画像←駐輪場は「三里塚駅前」となっている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【JRバス関東】三里塚駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる