乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【天羽日東バス】上総湊駅

<<   作成日時 : 2014/04/27 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 JR内房線の上総湊駅に隣接して、天羽日東バスの本社営業所とバス乗り場がある。日東交通湊営業所が平成6年10月1日に天羽日東バスに分社化された。手前には両総通運の事務所があったが、現在は月極駐車場となったので、建物がよく見えるようになった。
画像←降車専用ポールと上総湊駅。ポールは最近交換された

 敷地内には事務所(本社営業所&乗務員休憩室)と検修庫があり、模型のレイアウトようにコンパクトだ。施設はいずれも古びており、昔から変わっていないであろう。
 駅前の営業所にバス乗り場が併設されているのは、日東交通分社の共通点で、鴨川日東バス(鴨川駅前)、館山日東バス(館山駅前)ともども同様の形態だ。駅前に営業所があるの全国的には少ないと思われる。このような形態は、国鉄バスを中心に地方などで見られたが、市街地は敷地が狭いことや。利用者の減少による合理化、建物の老朽化、資産の有効活用などで郊外へ移転してしまい、次第に見られなくなっている。昭和30年代のバス黄金時代の面影を残している。
 駅前通り側(千葉県道236号・上総湊停車場線)には、「バスのりば 天羽日東バス本社営業所」の誇らしげな看板があるものの、文字が消えかかっている。回数券・定期券発売窓口横の軒下がバス待合所となっている。その奥の2階建てが乗務員休憩室となっている。
画像←昔ながらのバス乗り場。戸面原ダム行と高島別荘入口行(後方)が発車を待つ。手前が本社営業所、奥が乗務員休憩室

画像←定期券・回数券発売窓口も健在

画像←使われていない古井戸が残っている。水を入れて蓋をすれば非常時に活用できよう

 上総湊駅から発車するのは、竹岡線(上総湊駅〜竹岡駅前〜高島別荘入口〜東京湾フェリー)をメインに、戸面原ダム線(上総湊駅〜環駅〜関豊駅〜戸面原ダム)、湊富津線(上総湊駅〜笹毛〜佐貫町駅前〜大貫駅前〜富津公園)の3路線で、合計しても1日二十数本に過ぎない。特に、湊富津線の上総湊駅発は朝のみ3本で、しかも1本は土休日運休だ。各路線とも内房線と接続を図って発車しており、2台同時に発車する光景が見られる。現在、3台同時発車はない。
 奥のガレージは3台分の駐車スペースがあり、「虎の子」の貸切車が止まっている。日東交通時代の最盛期は、幾人もの整備士が働いて活気を呈していたようだが、現在は車検等は外部に委託しているので、整備工場としての機能はない。
画像←なかなか見られなくなった木造の検修庫

画像←駅前広場から検修庫を見る。奥行きがある

 隣接した第二車庫は未舗装で、運用に入らない車両や乗務員の駐車場となっている。内房線の車窓からこの第二車庫を眺めるのが楽しみだった。昔はもっと広々していたが、平成初頭の駅前広場整備時に縮小してしまった。
 給油設備はなく、国道127号線沿いのガソリンスタンドで行なっている。洗車機もないため手洗いだ。
画像←未舗装の第二車庫

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
天羽日東に残る千葉県最古の?バスを求めてこの場所を訪れたのは、もう3年前になります。乗り場のカーブしたひさしや窓口、木造の車庫など、いい雰囲気でした。いつまでも残ってほしいですね。
急行うち房そと房
2014/04/27 21:50
> 急行うち房そと房様
事務所も車庫も、昨今の建物にない手造り感と温かみがありますね。高度経済成長期のバス黄金時代は活気を呈していたのでしょうが、現在は通学時間帯以外は閑散としているのが残念です。駅前も人通りが少なくて寂しいです。
板橋バス太郎
2014/04/28 02:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
【天羽日東バス】上総湊駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる