乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【九十九里鐵道】千葉22 か 42−23

<<   作成日時 : 2014/04/08 15:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 平成9年12月製の日産ディーゼルKC−UA460LSN(富士7E)。社番は「211」。元小湊鐵道塩田営業所姉崎車庫の所属で、平成21年に移籍し、九十九里鐵道最後の日産ディーゼルP−U32L(富士5E、昭和62年式、社「872」)を置き換えた。
 九十九里鐵道では平成5年以降、一般路線に新車を導入していないため、KC−UA460LSNは新形式となる。富士重工の「KC−」は、前扉の下まで黒く処理されているので判別できる。小湊鐵道からの移籍車は、中扉の後ろに側面方向幕が設置されているほか、車内は1人掛けシート主体で、木の床となっているなど、九十九里鐵道オリジナル車とは差異がある。
 移籍に合わせて再塗装が行なわれた。中型車限定の八街線(東金駅〜八街駅)を除く全路線で使用されている。
画像←九十九里鐵道唯一の日産ディーゼルKC−UA460LSN。写真は「いちはらアート×ミックス」芸術祭周遊バスで運用中(市原鶴舞バスターミナル)

画像←リアビュー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小湊関係で、車番のある車は初めて見るので、驚いています。

芸術祭のバスは、使う車を決めている可能性がありますね。

この車も一度会っていますし、南部線では、毎日同じ車です。

馬来田方面はどうなるのか、今注目しています。
勝浦ライナー
2014/04/08 20:35
> 勝浦ライナー様
九十九里はいつも同じ車両ですね。周遊バスの半分ぐらいは運用が固定されています。塩田営業所や姉崎車庫は決まっており、ほかの営業所や車庫は持ち回りのようです。果たして馬来田のコースは、どこの営業所・車庫が受け持つのか気になりますね。
板橋バス太郎
2014/04/08 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
【九十九里鐵道】千葉22 か 42−23 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる