乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小鹿野町営バス】路線再編と運賃変更

<<   作成日時 : 2013/10/19 06:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 小鹿野町は10月1日、町営バスの路線再編と運賃変更を実施した。長若線は西武秩父駅線と統合され、薬師の湯〜両神庁舎〜小鹿野町役場〜長若中学校前〜西武秩父駅間の運行、日向大谷線と三峰口線は統合して日向大谷・三峰口線となって日向大谷口〜両神庁舎〜薬師の湯〜三峰口駅間の運行、白井差線は白井差口〜薬師の湯〜両神庁舎〜小双里〜小鹿野町役場間の運行となっている。
画像←薬師の湯停留所のポール

 乗継停留所が両神庁舎前から薬師の湯に変更された。また、ゾーン制運賃となり、町内ゾーンは200円、荒川地区ゾーンは200円、秩父市内ゾーンは300円。両神温泉薬師の湯での乗り継ぎが可能。例えば、薬師の湯から西武秩父駅まで乗車する場合は200円(町内ゾーン)+300円(秩父市内ゾーン)の500円、小鹿野町役場から三峰口駅まで乗車する場合は200円(町内ゾーン)+200円(荒川地区ゾーン)の400円となる。薬師の湯または小鹿野町役場で他の路線へ乗り継ぐ場合は、運転手から乗り継ぎ券を受け取る。
画像←薬師の湯のバスターミナル)

 薬師の湯停留所にはバスターミナルが整備され、これまでは県道号線に設けられていた停留所から乗り入れるようになった。バスターミナルはシェルター付きの島式ホームで、トイレも設置された。
 行先表示はLEDに変更された。リエッセは同じ大きさのため問題ないが、いすゞエルガミオ(KK−LR233F1) については、方向幕の使用を中止し(白幕を表示)、新たに小型のLEDを装着したため、見にくくなってしまった(三菱エアロミディは未確認)。
画像←LED式の行先表示器が設置され、方向幕は使用中止(いすゞエルガミオ)

 薬師の湯は、県道37号線・皆野両神荒川線沿いにある「道の駅・両神温泉薬師の湯」で、日帰り温泉浴場をはじめ、食堂、農産品直売所などがある。
画像←道の駅・両神温泉薬師の湯

 なお、長若線(車庫前〜小鹿野町役場〜松井田〜札所三十二番〜駒木野)は、8月1日から予約制の乗合タクシーとなっている。運行区間は小鹿野・長若地区と薬師の湯まで。8月はプレ運行、10月1日から正式運行となった。
 町民のみ利用でき、あらかじめ「利用者登録票」で事前登録が必要。利用日の1週間前から前日までに、秩父丸通タクシー秩父営業所へ電話で予約する。
 1便が8時〜9時発、2便が10時〜11時発、3便が13時〜14時発、4便が15時30分〜16時30分発。
 1回300円(高齢者パス優待乗車券または障害者手帳持参者無料)。
 車両も代替され(車種は同じトヨタハイエース)、シルバーとなった。秩父丸通タクシーに委託している。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
秩父遍路も残り32,33,34番となり、1ネットサーフィンしながら0月中に満願と思うこの頃である。
満願老人
2015/09/18 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小鹿野町営バス】路線再編と運賃変更 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる