乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【茨城交通、烏山市営バス】高部車庫

<<   作成日時 : 2013/08/23 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 大宮営業所が担当する高部線(たかぶせん)は、大宮駅前〜大宮営業所〜常陸大宮済生会病院〜白沢〜高部車庫〜塙(31.3km)、大宮駅前〜大宮営業所〜常陸大宮済生会病院〜白沢〜高部車庫(24.4km)、大宮駅前〜大宮営業所〜常陸大宮済生会病院〜長沢〜高部車庫(21.6km)の3系統あり、長沢経由が4往復、白沢経由が3往復運行されている。
 車両は中型車で運用され、古参級の日産ディーゼルP−RM81G(富士6E)や、元西東京バスの日産ディーゼルKC−RN210CSN(富士8E)が多く使用されている。
 大宮駅前から高部車庫を経て烏山駅前を結ぶ路線だったが、平成7年に塙までに短縮され、高部車庫〜烏山駅前間は、自家用有償運送許可を受けた烏山町営バス(現・那須烏山市営バス)に代替運行されている。県境を越える白ナンバーの自治体バスとなった。
 高部停留所から旧美和村役場の美和総合支所(平成16年10月16日に大宮町、山方町、美和村、緒方村、御前山村が合併して常陸大宮市となる)付近が旧美和村中心部となる。高部停留所付近は昔ながらの古い建物が残っており、時間があれば散策するのも良い。
画像←高部車庫のガレージ。古き良き時代の面影を残す

 拠点の高部車庫はガレージ付きで、4台駐車できるものの、1台しか入ることがなく、手前はロープが張ってある。現在は夜間停泊は行われていない。始発と最終は片道回送となって、大宮営業所に出入庫する。ガレージの隣に乗務員休憩室がある。
 ガランとしたガレージの中には、「山あげ祭臨時バス」用の古びたポールが置いてある。「山あげ祭」は烏山町(現・那須烏山市)中心部で行われることから、烏山町内に置かれ、烏山駅に乗り入れていた頃に使用されていたようだ。
画像←山あげ祭で使用していた臨時のポールが置かれている。烏山駅に乗り入れた名残りだ。運行回数も今と比べると、それなりにあった

 高部車庫では、那須烏山市営バス烏山高部線(烏山中学校〜烏山駅前〜塙〜高部車庫)と乗り換えることができる。烏山市営バスの高部車庫は、一停留所手前の美和総合支所と異なる。もっとも、美和総合支所〜高部車庫間は歩いてすぐの距離だ。錆びたポールには「みわ」「町営バス」と書かれている。
画像←那須烏山市営バスの「高部車庫」は、茨城交通の「美和総合支所」と同じ場所

 高部車庫から先、那須烏山市営バスと並行する高部車庫〜塙間は、大宮駅発塙行が2本、塙発高部車庫行が1本のみ運行され、土休日は全便運休となる。塙から先は人家が少なく、もともと県境を越えた需要は少ないはずで、茨城交通が撤退したのはやむを得ないと思う。
 車両はいすゞジャーニーKを使用し、正面は「市営バス」、側面は「那須烏山市」と「常陸大宮市」の連名で書かれている。運転者と車両は那須烏山市、運行経費は両市で負担しているのであろう。正面の行灯は「烏山駅⇔高部車庫」、ドア横のサボは「烏山駅」と「高部車庫」を裏返している。車内にはデジタル式運賃表示器、整理券発行器、車内放送があるが、これらワンマン機器は故障したままで使用されていない。もともと利用者は限られ、運賃を分かっているだろうし、三角運賃表で掲示してあるので、修理するつもりはないのかも知れない。
画像←那須烏山市営バスのいすゞジャーニーK(烏山駅前)


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、深大と申します。
私も先日、常陸大宮−高部車庫−烏山と移動したのですが、高部車庫で那須烏山市営バスのバス停を見つけられず途方に暮れていました。バス停が別の場所とは思いませんでした。

車庫の中にバス停があったとは気づきませんでした。見たかったな。

自身もブログを書いているのですが、TBが貼れませんでしたので、事後ですがこちらの記事にリンクを貼らせていただきました。問題等ございましたらお知らせ下さいませ。http://ryouyakou.blog.jp/archives/15396770.html
深大
2014/10/23 00:16
バス旅お疲れ様でした。烏山市営バス高部車庫の停留所名は紛らわしいですね。美和総合支所とした方がいいと思います。私は他のサイトであらかじめ調べておきましたが、私が乗った日は、他にもバスファンらしき乗り継ぎ客がいました。
板橋バス太郎
2014/10/23 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
【茨城交通、烏山市営バス】高部車庫 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる