乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鴨川日東バス】黄和田車庫はいま…

<<   作成日時 : 2012/09/25 13:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

 君津市コミュニティバス亀山線の拠点としていた黄和田車庫が、デマンドタクシー「きみぴょん号」の実証実験が開始されてからどうなっているのか気になっていた。まさか解体されてしまったのでは…と心配になった(大きなお世話だが)。
 黄和田車庫の佇まいはそのままだ。バス1台しか入らない小さなガレージだけでなく、コミュニティバスのポール、昔からある日東交通のポール、久留里線の利用促進を呼びかける看板もそのままで、今にもバスがバックで入って来そうだ。
 改めて屋根の内側を見ると、木の組み方が大工の職人技らしくて美しい。まだまだ使えそうだ。
画像←黄和田車庫のガレージはそのままだ

画像←君津市コミュニティバスのポールは撤去されていない

画像←日東交通当時の木製ポールも残っている

 各停留所ともポールはそのまま残っており、亀山線は廃止でなく、デマンドタクシー実証実験中(平成25年3月31日まで)は休止なので、乗降場所の目安として残してあるのかも知れない。しかし、住民にとってデマンドタクシーの方が便利で評判が良く、本格運行となれば、亀山線はそのまま廃止され、ポールは撤去されてしまうであろう。住民にとっては、乗りたい時に電話すればそれほど待たずに乗車できるし、運行事業者や自治体にとっては、乗客ゼロで走ることがないので経費のムダがない。デマンドタクシーの拠点となる君津営業所を見ると、車両の出入りが頻繁にあり、それなりに利用されているようだ。
画像←屋根の内側

 君津市コミュニティバス亀山線の前身は、日東交通が長らく運行していた黄和田線(亀山駅〜黄和田車庫)で、平成6年に分離子会社の鴨川日東バスに移管された。一部は香木原〜黄和田車庫間の運行となった。利便性向上を図るために自由乗降制の導入(昭和59年7月20日)や、廃止代替バス(昭和63年4月1日)として補助を受けて維持してきた。車両についても、中型化(いすゞK−CCM410)によるワンマン化(昭和55年頃)、小型化(日野P−RB115AA、昭和63年頃)と合理化を進めてきた。
 しかし、沿線人口の減少や少子高齢化により、路線の維持が困難となり、平成19年10月1日から君津市のコミュニティバスとなった。車両も日野ポンチョとなり、「せせらぎ号」の愛称が付いた。さらに、黄和田車庫〜七里川温泉間を延長したトヨタハイエースの「風っこ号」が加わった。
 「広報きみつ」によると、平成23年度の亀山線の運行経費見込みは2651万4000円、1人当たりの運行経費は1180円で、運賃収入が6%に対して市負担分は94%にのぼる。君津市のコミュニティバス4路線の中で最も赤字額が大きい。受益者負担の観点からみても、税負担は限界を超えているといわざるを得ない。
 デマンドタクシーを利用できるのは、サービスを適用できる地域に住む住民で、事前に登録した予約者専用のため、JR久留里線で上総亀山駅で降りて、七里川温泉まで…というように、観光客がフリーで乗車することはできなくなった。もちろん、エリア外にも行くことはできない。ポールがあっても、待てど暮らせどバスは来ない(予約者でなければデマンドタクシーは素通りしてしまう)ので、よそ者は注意が必要だ。
<写真で見る黄和田車庫の変遷>

画像←鴨川日東バスが運行当時は日野レインボー(P−RB115AA)を使用(平成19年6月24日)

画像←君津市コミュニティバスに転換後は日野ポンチョを使用。のちにトヨタハイエースが加わる。洗濯機がなくなった(平成19年10月20日)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉を離れられてもなお、情報を提供していただきうれしく思っております。亀山〜鴨川の路線には何度か乗りましたので、あれからどうなったか気になっておりました。車庫の建物が残っているのはいいですね。今後に注目していきたいものです。
急行うち房そと房
2012/09/28 20:33
> 急行うち房そと房様
ちょうど車で帰省する機会があり、東京湾アクアラインを通って君津まで足を伸ばしてみました。
私も鴨川駅から亀山駅まで何度か通しで利用したことがあるだけに、分断されたのは残念です。久留里線に乗りに来たレールファンも利用していたようです。
車庫はコミュニティバス亀山線の復活か廃止かで命運が分かれると思います。
板橋バス太郎
2012/09/28 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鴨川日東バス】黄和田車庫はいま… 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる