乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「特急そよかぜ」乗車ツアー&バス撮影会A

<<   作成日時 : 2012/09/16 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月8日に催行されたしなの鉄道開業15周年企画「特急そよかぜ」乗車ツアー&バス撮影会に参加した。今回はその2。
2.しなの鉄道臨時特急「そよかぜ」(軽井沢→上田→軽井沢)
 これから、いよいよメインの10:57発の臨時特急「そよかぜ」に乗車する。ホームではツアー参加者の名前をチェックのうえ、オリジナル台紙付きの硬券特急券、乗車票、お弁当、お茶と交換する。おぎのや製の栗ご飯弁当は、二段重ねでサイズが合わないためか、掛紙は別に配られた。
画像←189系の特急「そよかぜ」

 「そよかぜ」は9分前に回送で入線してきたが、しなの鉄道開業以来15年ぶりの運行なだけに、ホームの先端はカメラの放列だ。ヘッドマークも再現され、フィルムの側面方向幕を車掌が手貼りしている。なかなか粋な演出で、「臨時」の表示でないのがいい。やはり国鉄色がいいと思う。
画像←方向幕も完備

 車内は全席自由席で、かなりの座席が埋まる。往復とも中軽井沢、小諸のみ停車する。鉄道唱歌のオルゴールが懐かしい♪途中で乗車券と特急券を拝見に来た車掌は気が効いており、乗客一人ひとりにスタンプを押していいか、どこに押すか確認している。
画像←ツアー参加者限定で配られた硬券特急券と弁当の掛紙

 上田には11:33に到着し、11:47発の軽井沢行として折り返す。車内整備のため全員降車となる。今度は側面に軽井沢の行先を貼り付けていた。
3.軽井沢駅南口→草軽交通軽井沢営業所
 12:23に軽井沢に到着し、これからバスで草軽交通軽井沢営業所に向かう。歩いてもすぐだ。バスはすでに南口広場で待機しており、今度は千曲バスの三菱U−MP618Kに乗ってみる。草軽交通、JRバス関東、千曲バスの順に出発。
軽井沢営業所構内では、硬券などの特設会場が設けられていた。また、構内の外れには、廃車となってから間もない日野U−HT2MLAAが留置されている。また、近くには上田バスの日産ディーゼルKC−UA460HSNも留置されているが、ナンバープレートがないので、廃車なのか、日野U−HT2MLAAのワンマン機器類を流用して再登録されるのか。私は後者のような気がする。廃車体をわざわざ上田から持ち込むことはないだろう。外観もきれいで、部品も全て付いている。
 営業所構内では3台並べて撮影会となり、方向幕のリクエストを受けていた。JRバスに小諸市内循環が入っていたのは意外だった。千曲バスは手回しで、スクールバスゆえにコマ数も少なく、「小諸駅」「佐久平駅」「上田」「望月」「浅間山荘」などを出していただく。
画像←草軽交通軽井沢営業所には、上田バスで使用していた日産ディーゼルKC−UA460HSNが留置

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「特急そよかぜ」乗車ツアー&バス撮影会A 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる