乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【館山日東バス】袖ヶ浦200 あ 371

<<   作成日時 : 2012/08/31 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 平成12年式の日野KK−RX4JFEA(日野車体)。日東交通グループの廃止代替バス(丸線、平群線)や南房総市快速バス「うらら号」などで主力の「リエッセ」。移籍車で、平成23年に使用開始した。小型車登録となっている。
 クリーム1色で、「入口」「出口」の表記が車体に書き込まれている。前扉に補助ステップを装備し、行先表示にLEDを採用。側面に行先表示が付いていないことから、どこかの自治体で使用されていたと思われる。小豆色の一般色だったらおもしろかったのだが。
 同車は、豊房線(館山駅〜豊房〜神余〜安房白浜)で運用されている。館山駅から安房白浜までは、現在もJRバス関東で運行している南房州本線(館山駅〜安房神戸〜安房自然村〜安房白浜)に比べて、豊房線の方が所要時間が短いこともあり、平成初頭までは観光客で活気を呈していたものだ。しかし、高速道路の延伸に伴うマイカーの増加や、高速バス「房総なのはな号」の開通などでJR内房線の特急「さざなみ」利用者が減少し、バス利用者の減少が目立ってきた。このため、JRバス関東館山支店管内は全て赤字路線となり、利用者の落ち込みが目立っていた豊房線と千倉白浜線、運行拠点が離れて効率の悪い急行「くろしお号」は、平成17年4月1日から館山日東バスに移管された。同時に安房白浜営業所も廃止された。
 館山日東バス移管後も、豊房線の乗客減少に歯止めがかからず、路線廃止を申請しているが、自治体から補助を受けて何とか維持されている。かつては「さざなみ」に接続して1時間に1本されていた面影はない。移管当初は大型車を使用していたが、小型の「リエッセ」になっても車内はがら空きだ。なお、安房白浜16:00発の館山駅行は、白浜鴨川線、千倉白浜線が入庫する運用のため、基本的に大型車が入る。
画像←クリーム1色の日野KK−RX4JFEA(安房白浜)

画像←リアビュー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは お久しぶりです。
371リエッセですが、確かに路線車として使うなら 一般色にしてほしかったと思います。

この車気になったので豊房線で乗車しました。
車内は、赤紫色のシートで 確か前・中扉間の運転席よりは 横向きシートとなっていました。 またトランスミッションはATのようです。
カピーニ
2012/09/01 11:19
> カピーニ様
クリーム一色とは経費削減の意味合いがあるようらですが残念です。スクールバスならともかく、先達が守り続けた伝統ある色を大切にしてほしいと思います。
それにしても、車内も横向きシートとはますます怪しいですね。
板橋バス太郎
2012/09/01 15:16
こんばんは

この371は小田急からの移籍車のようです。
マリ506編成
2012/09/09 23:28
> マリ506編成様
こんばんは。
貴重な情報ありがとうございます。ムーバス境南循環線で、ポンチョに置き換えられた車両かもしれません。
板橋バス太郎
2012/09/09 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【館山日東バス】袖ヶ浦200 あ 371 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる