乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ちばレインボーバス】高花線

<<   作成日時 : 2011/11/29 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 高花線(千葉ニュータウン中央駅〜高花)は、船尾車庫が受け持つ団地路線だ。日中はおおむね20分間隔で運行され、千葉ニュータウン中央駅で北総鉄道と接続している。高花四丁目経由(3.96キロ)と高花二丁目経由(4.11キロ)の2系統運あり、高花四丁目経由の方が回数が多い。 高花四丁目経由は神崎線(津田沼駅〜八千代緑が丘駅〜船尾車庫〜千葉ニュータウン中央駅〜木下駅)の千葉ニュータウン中央駅〜船穂中学校間の別ルートを走る。神崎線は原山団地経由、高花線は内野小学校経由と異なる。高花団地入口と船尾車庫は歩いてすぐだ。
 一方、後から新設された高花二丁目経由には、「二丁目3」「四丁目東」という地名の入っていない停留所がある。高花二丁目は手前にあり、高花四丁目は手前にあるため、このような名称になってしまったのであろう。なお、印西市コミュニティバス「ふれあいバス」は、「高花二丁目3」となっている。
画像←二丁目3停留所のポール。最近交換された

画像←京成バスの頃から使用されている四丁目東のポール。「京成バス停留所」の表記が残る

 終点の高花は住宅街の南端で、折返し場は乗務員休憩所がある。空き地と間違われて車が入らないようにするためか、休憩所の建物には「高花バス折り返し所」の看板がある。大半の便はそのまま千葉ニュータウン中央駅に折り返すが、船尾車庫〜高花間の出入庫系統も設定されている。駅に発着しないので利用者はおらず、回送車同然だ。船尾車庫のスペースの関係か、高花で数十分間中休をとるダイヤもある。
 高花の折返し場に隣接して、「草深の森」の入口があるものの、雑木林のようで散策している人を見たことがない。
画像←高花の折返し場

画像←折返し場の隣は「草深の森」

 高花線は三菱KL−MP37JM(ワンステップ)、日野KL−HU2PMEA(ワンステップ)、日野PDG−KV234N2(ノンステップ)が使用される。かつては3扉車の日野U−HT2PMAAも使用されていたが、現在は運賃箱が撤去され、特定車に転用されている。
画像←高花線専用の三菱KL−MP37JM。最近になって行先表示がLED化された

画像←最新鋭の日野PDG−KV234N2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本日、日野PDG−KV234N2(車番・159、「習志野200 か 12−02」)ほか1枚の写真を追加しました。
千葉バス太郎
2012/01/04 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ちばレインボーバス】高花線 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる