乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】悲運のみずほ台循環線

<<   作成日時 : 2011/11/01 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 大網駅を起終点とするみずほ台循環線は、「メイキスガーデンみずほ台」の足として、平成19年11月16日から運行開始した大網地区で最も新しい路線である。
 当初は内回り(大網駅→みずほ台三丁目→アミリィ・ジャスコ前→駒込→大網駅)9本と外回り(大網駅→駒込→みずほ台三丁目→アミリィ・ジャスコ前→大網駅)11本の合計18本で、日中も運行されていた。しかし利用者が少なく、平成21年6月1日の改正で朝夕のみの運行となり、内回り2本、外回り4本の合計6本に減便された。開業当初から土休日は運休である。また、一部はアミリィ・ジャスコ前を経由しない。
 「メイキスガーデンみずほ台」は、施行面積69.7ha、計画戸数1,775戸、計画人口7,100人の住宅地。中心部のみずほ台三丁目停留所付近から大網駅までは徒歩約20分のため、自転車やバイクが主流だと思われる。あるいは、健康のために歩く人もいるかも知れない。バスは運行回数が少ないので、数十分もバスを待つぐらいなら、歩いても着いてしまう。住宅を見ると、駐車場に2台止まっている世帯も多く、通勤や買い物の足にマイカーが欠かせないことが分かる。
 また、大網駅からアミリィショッピングセンターなら、歩いて行くことができる。アミリィショッピングセンターの正式名称は、「アミリィ大網白里ショッピングセンター」で、イオン大網白里店がキーテナントとなっている。
 みずほ台循環線のポールに記載されている通過予定時刻表は、鉄道のように全停留所の時刻表と路線図が掲載されている。文字が細かいものの、途中経由地や所要時間が分かりやすい。右側の広告掲載欄は、「長南カントリークラブ」「小湊観光バス」「小湊鉄道」と、自社関係を宣伝している。
画像←みずほ台三丁目のポール

画像←ポールの時刻表

 担当は長南営業所で、通常は季美の森車庫常駐のいすゞKC−LR333J(富士8E)を使用している。季美の森線(大網駅〜山辺〜南センター〜季美の森)の間合いで入る。二丁目自治会館前付近は住宅地内の狭隘区間があるため、中型車限定となている。行先方向幕の表示がユニークで、160円均一運賃であることも表記している。
 予備車として、茂原地区で運用される日野U−RJ3HJAAなどにも方向幕が入っている。
画像←日野U−RJ3HJAAにも、みずほ台循環線の方向幕が入っている

画像←循環運行を示す側面方向幕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

バス太郎さん…みずほ台循環に乗ってきたんですか?(^O^)

運行開始の頃、乗った事がありますが、すっかり、本数が減ってしまいましたね…(ToT)

大網唯一の4車線を通り…一部狭い住宅街を抜け…ぐるっと、みずほ台観光ですね!(笑)

あれで、ワンコイン・100円だったら良さそうな気が…(^。^;)


地元・大網シリーズも、バス太郎さんが調べていただけそうなネタが、もう無さそうですよね…!?(>_<)

せいぜい、平日のみ1日1本の東金行か、土日祝日のみの快速千葉行か、白里海岸のバス停くらいだけですよね…(^_^;)


ではでは失礼しまーす!(o^∀^o)
山武郡民♪
2011/11/03 07:16
千葉バス太郎様
こんにちは、みずほ台……会社でも「開設するのが遅かった」と言った声が時々聞かれます。
それと、577(日野)の画像の隣に!一年前に鉄屑星屑の初代マイカーの487(いすゞ)が!
では、失礼します。
長南営業所881号車(復活!)
2011/11/03 16:23
> 山武郡民♪様
コメントありがとうございます。
確かに大網白里町や九十九里町ネタは一段落ですね。白里海岸と片貝駅はあるサイトで採り上げました。九十九里鉄道が1往復運行している東金駅〜大網線もいいのですが、見分けがつきません(汗)。小湊の「東金駅」の方向幕は掲載してありますので、逆に九十九里の「大網駅」も見たいのですが、何しろ土休日運休なのはつらいです。
そろそろ趣味の原点に返り、近所を走るバスを見直そうと考えています。だんだん日も短くなりましたので、ちょうどいい時期かと思います。
千葉バス太郎
2011/11/03 18:38
> 長南営業所881号車(復活!)様
こんばんは。コメントありがとうございます。
みずほ台循環線はタイミングを逸した感があります。茂原大網線が、みずほ台を経由するのも一案だったと思います。現在の1日2往復では成り立ちませんし、狭い区間をカットする必要があります。
さて、なつかしの487号車ですが、「一宮海水浴場」の方向幕も入っていましたね。487号車の幕は、一体どこに行ってしまったのでしょうか?
千葉バス太郎
2011/11/03 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】悲運のみずほ台循環線 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる