乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】上永吉坂本線

<<   作成日時 : 2011/09/03 07:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 上永吉坂本線(茂原駅南口〜中の島入口〜上永吉〜大城〜長南営業所)は、国道409号線がメインの茂原長南線(茂原駅南口〜上茂原〜長南営業所)より南側を走る。所要時間は茂原長南線が約25分なのに対し、上永吉坂本線は約30分かかる。運賃は上永吉坂本線が50円高い。長南営業所までの通し便が2往復、上永吉までの区間便が2往復と少ない。午後の長南営業所行を除いて午前中に片寄ったダイヤで、しかも全便が土休日運休だ。平成9年11月5日から三ヶ谷入口〜上永吉〜古沢間は自由乗降区間となっている。
画像←「永吉経由長南営業所」の行先方向幕を表示した日産ディーゼルU−UA440LSN(袖ヶ浦200 か 613)

画像←上永吉坂本線の側面方向幕。「永吉.長南ゆき」となっている。「永吉」「坂本」という停留所はない

 下永吉から三ヶ谷入口付近は狭くてカーブが続く。しかも、民家があるので見通しが悪い。三ヶ谷入口停留所付近からようやく広くなる。
 長南営業所行の方向幕には「永吉経由」(さらに側面方向幕には「坂本」)と入っているものの、永吉、坂本という停留所はない。また、正面方向幕の一部に「永吉眼科経由」と表示されている車両もあるが、病院の正式名称は「永吉眼科」で、寛政6年(1794年)に開設された古い歴史を持つ。
画像←永吉眼科前停留所。病院名は「永吉の眼科」、行先表示は「永吉眼科」と異なる

 上永吉止まりは、方向幕の表示と異なり、実際は一つ手前の大坪停留所で折り返す。このため、時刻表などの案内は「上永吉大坪」と記載されている。砂利敷きの小さな折返し場が設置されている。「バス折返し場につき駐車禁止」といった看板類や簡易トイレなどはない。
画像←大坪停留所のポール。停留所名などは紙で貼ってある。時刻表は「上永吉大坪」だ

画像←小さな折返し場

 その次が「本当」の上永吉停留所だ。ポールは平成21年11月20日の茂原市内循環線の運行開始に合わせ交換された(※茂原市内循環線は平成25年4月2日限りで廃止)。茂原大多喜線(茂原駅南口〜上永吉〜給田〜市野々〜大多喜車庫)は県道27号・茂原大多喜線に停留所がある。T字路を左折して県道27号線に出て、すぐに右折する。
 法華谷付近から再び狭くなり、長南営業所管内の路線で一番の狭隘区間だと思われる。その最も狭い場所に大城停留所がある。集落の中で、バスベイが待避所を兼ねている。大越停留所の待合所には「坂本大城バス待合所」と記載されており、お世辞にも上手いと言えない手書きの文字に味があって最高だ。
画像←大城停留所の待合所には、手書きで「坂本大城バス待合所」の文字が

 愛宕町で茂原長南線などと合流し、長南営業所へ向かう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この路線はその昔毎日乗ってました!
保育園に通うのに子供達だけで乗ってまして、その時は一番後ろの席にお爺ちゃんの車掌さんが乗っていて遊んでもらっていたのを覚えてます、あのお爺ちゃんの車掌さんは昔は運転手さんだったのかなぁ?
車両も毎日違うバスがくるので楽しくて楽しくて!35年位前は小湊バスの前扉は今と逆側に開いてましたよね?今思うと何故って感じですけど。大城の道路が広がる前に久しぶりに乗りたいな。
ダイ
2011/09/04 01:57
> ダイ様
おはようございます。貴重な情報ありがとうございます。
坂本線は茂原駅〜坂本〜長南〜水沼〜平蔵間の路線だったとのことで(ツーマンカーの写真を見たことがあります)、長南地区では最後の方までツーマン路線だったと思います。道路も改修が進みつつありますが、下永吉神社付近と大城バス停付近は民家があり、今後も現状のままでしょう。大型車だと迫力がありますね。
千葉バス太郎
2011/09/04 08:15
千葉バス太郎様
こんにちは、里見線とどちらか走り易いか考えてしまう、上永吉・坂本線。「坂本」ですが、大城〜中正倉庫間付近に、坂本小学校が あったのを他の運転手から聞きました、いつ廃校&長南小学校に統合したのかは解りませんが、「坂本」の謎は解けるのかな〜?(運転手によって場所違うと言う方いるので)
では、失礼します。
長南営業所881号車
2011/09/04 17:09
> 長南営業所881号車様
こんばんは。情報ありがとうございます。
上永吉・坂本線の方が茂原市エリアですので交通量があり、走りにくいような気がします。一方、里見線は吉沢入口付近の切通しでの土砂崩れが心配です。1年前にも運休になったのは記憶に新しいですね。
さて、長南町ホームページの「町勢要覧」(資料編)の年表を調べた結果、「昭和46年4月 長南小と坂本小が形式統合」の記述がありました。坂本小跡は集会所になっているかも知れません。
千葉バス太郎
2011/09/04 20:23
度々すいません、坂本小学校跡は利根利入口近くにある消防小屋の近くの道を上がったところです、駐車場みたいに使われてるみたいですが。入口に門の石柱が残ってると思います。
うちの婆ちゃんがそう言ってました。あと平蔵から来てたバスはお客もけっこう乗っていたみたいですよ。
ダイ
2011/09/04 23:16
コメント失礼します。
ダイさんのコメントにお爺ちゃん車掌さんの記載がありましたが、
それは「誘導員」ではないかと思います。
小湊バスは、ずいぶん早くからワンマン化を進めてましたが、道路が狭い地域も多かったので、
車掌業務とは別に、車のすれ違いが厳しい時などに、バック誘導する誘導員を乗せて走っていたはずです。
(私の知り合いは、誘導員からガイドになりました。)
大多喜管内の老川地区なども、誘導員が乗務していましたから・・・。
坂本長南行きは、上永吉から、川に沿って細く入る道は、えっ、バスが通るの?って感じでした。今は拡張されましたが・・・。
昔は狭いところでも、結構バス路線となっていたんですよね。
茂原市内でも、森川町循環だったかな?ずいぶん狭い道の
路線がありましたから。
それから、小湊バスの前扉って、確かに他のバスと違って、手前に折りたたむ開き方でしたね。あれは、後で自動扉に改造したからじゃないですか?
中扉も、一枚ドアではなくて、二つ折りのドアのバスが、小湊バスはずいぶんあったように思います。
それから、長南営業所管内のバスは、比較的新しいバスでも、いまだに板床ですね。そのこだわりに感心してしまいます。
kumakun
2012/06/14 23:07
以前掲載していた三菱UーMP218M(袖ヶ浦200 か 554)は、すでに廃車となっていることから、日産ディーゼルUーUA440LSN(袖ヶ浦200 か 613)に差し替えた。
板橋バス太郎
2013/04/11 14:02
以前掲載していた三菱UーMP218M(袖ヶ浦200 か 554)は、すでに廃車となっていることから、日産ディーゼルUーUA440LSN(袖ヶ浦200 か 613)に差し替えました。
板橋バス太郎
2013/04/11 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】上永吉坂本線 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる