乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】千葉200 か 21−37

<<   作成日時 : 2011/08/16 05:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 平成21年式の日産ディーゼルPDG−RA273PAN(西日本車体「E−U」)で、塩田営業所所属。標準床のツーステップバス。平成15年式のKL−UA452MANの増備車で、前扉が標準幅となっている。
画像←乗合登録のため、側面にLED式の行先表示が付いている

画像←PASMO/Suica対応機器も装備

 合計4両導入し、塩田営業所に2両(千葉200 か 21−37、21−38)、姉崎車庫に2両(袖ヶ浦200 か 812、813)が配置されている。このうち、塩田営業所の2両は乗合登録で、側面と後部に行先表示、車内に運賃箱も付いており、PASMO/Suicaにも対応している。五井駅東口〜羽田空港線や五井駅東口〜新宿駅西口線の予備車として使用されている。床下に乗客用のトランクがないので、空港リムジンに使用するのは不便だ。所要時間が1時間足らずなのでサービス面は問題ないものの、ハイデッカーの「いすゞガーラ/日野セレガ」などと比べるとグレードダウンとなってしまう。
画像←貸切登録の日産ディーゼルKL−UA452MAN(左)と並ぶ

 一方、姉崎車庫の2両は正面にLEDの行先表示があるのみで側面と後部にはない。貸切登録で、三井化学などの企業送迎で使用されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
皆様、こんばんは…。
さて、まだ自分が学生時代の頃の、小湊鐵道の観光バスは、富士重工業の「R2」ボデーが主流を占めていて、グループ会社の九十九里鐵道の同型車で、学校の修学旅行にも出掛けました。
その富士重工業がバスボデーの事業から撤退し、その後西工が取って代わりましたけれども、今度はUDがバス事業そのものをやめ、結果西工の方は会社を解散…。
というわけで、これからの国産大型バスボデーは、必然的にジェイ・バス製または三菱ふそうトラック・バス製の計2社製になりますので、子供達はそれらの車体を目に焼き付けて、思い出にしてゆくのでしょうね…。
それでは、また。失礼致します…。
フラワー
2011/08/18 00:16
> フラワー様
こんばんは。コメントありがとうございます。
バス製造メーカーも架装メーカーも少なくなり、すっかり寂しくなりましたね。自動車NOx・PM法による代替が一段落すれば、ますます新車の需要が少なくなります。
10年後には、富士重工や日野車体のブルーリボンもほとんど姿を消すことでしょう。
千葉バス太郎
2011/08/18 18:21
千葉駅〜ちはら台駅間の深夜急行バスにも、こちらの車両が運用されていました。ちなみに、千葉中央バスではいすゞエルガの前扉車両が運用されていましたので、車両レベルを揃えたものと考えます。
桃岩荘
2011/08/20 01:46
> 桃岩荘様
おはようございます。情報ありがとうございます。
なるほど、深夜急行バスであれば問題ない仕様ですね。普段は深夜急行バスで、空港リムジンバスの検査時に入るようです。したがって、昼間は2両揃って営業所内で休んでいるようです。
千葉バス太郎
2011/08/20 06:22
 この前の日曜日の話になりますが、市原市内のあるゴルフ場で、女子ゴルフの大会(コニカミノルタ杯)が行われ、小湊バスが五井駅と会場を結ぶシャトルバスを運行していました。車両のほうは、貸切車や高速バスが多数使われ、この記事で紹介されているのと同型の21-38号車の姿もありました。ちなみに、21-38号車の他には、長南のセレガの870号車・潮浜のエアロバスの18-84号車&7HDの79号車・姉崎?の旧型ガーラの278号車などもいました。
スーパーT部長
2011/09/15 22:26
> スーパーT部長様
こんばんは。コメントありがとうございます。
貴ブログを拝見させていただきました。
ゴルフ大会のシャトルバスの運行は、小湊にとって稼ぎ時ですので、多くの貸切車が動員されます。
今度は11月の伊藤園レディスが見もので、九十九里鉄道や他社からも応援に駆けつけます。
千葉バス太郎
2011/09/15 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】千葉200 か 21−37 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる