乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】春の鶴舞駅

<<   作成日時 : 2011/04/03 21:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 当ブログで鶴舞駅を採り上げたのは、平成21年12月14日に次いで2回目となる。その日のブログに掲載したいすゞU−LV324L(袖ヶ浦200 か 464)は廃車となっていることもあり、平成23年4月3日に再度取材した。
画像←鶴舞駅舎とバス

 休日の鶴舞駅9:50着のバスが乗客ゼロで到着した。三菱U−MP218M(袖ヶ浦200 か 619)だ。この車両の方向幕には、青字で「循環器病センター」の経由地が入っており、スペースの都合で「経由」の文字が下に改行されている(「鶴舞駅」だけの車両もある)。
 乗り場の後ろには銀杏があり、その近くでは地元の人が、菜の花の手入れをしていた。鶴舞駅は四季折々の風景を楽しむことができる。
画像←乗り場で待機する三菱U−MP218M

画像←側面方向幕。利用者は茂原駅〜循環器病センター間がメイン

 ホームの駅名標と一緒に撮影してみた。ひらがなの表記が「かさつるまい」となっているのが面白い。両隣の「かさかわま」(上総川間)と「かさくぼ」(上総久保)はきちんと「ず」だ。同じ1枚の駅名標なのに、文字を書いた人は気が付かなかったのであろうか。なお、上総中野駅の駅名標も「かづさなかの」となっているものがある。このアバウトさが「小湊クオリティ」といえよう。
画像←駅名標とバス

 鶴舞駅を発着するバスは、平日3往復、休日1往復。平日8:05発の茂原駅南口行は利用者がいるものの、休日はゼロに等しい。駅周辺は静かで、国道297号線を走る車の音ぐらいしか聞こえない。折り返し10:30発の茂原駅南口行も乗客ゼロで発車していった。
 反対側の使われていないホームには、カカシが立っていた。鶴舞活性化ネットワークと鶴舞桜が丘高校が共同制作した作品だ。市原園芸高校と合併する前の「鶴舞商高」のユニフォームを着たカカシもある。
 元工事管理者の立場だと、ホームを見て思わず「危ないからホームの上でゴルフやサッカー、自転車の二人乗りをしてはいけません。資格のある列車見張員を配置し、列車が接近したら退避させるように」と言ってしまいそうだ(笑)
画像←昔のホームに立つカカシ

画像←定番のアングルで撮影。今年は菜の花の開花が遅い

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様。
こんにちは、鶴舞駅は四季問わす結構人が来ますけど、鉄道やバスの利用者は極僅か(泣)殆ど、自家用車、バイク、ロケバス(?)ですね、また駅構内のカカシですが、以前はワールドカップにちなんで、サッカーをやってるカカシでしたよ。
では、失礼します。
長南営業所881号車
2011/04/05 15:30
> 長南営業所881号車様
こんばんは。コメントありがとうございます。
列車で鶴舞駅に来ると、回数が少なく、駅の回りに何もないので時間を持て余します。冬は寒く、雨でも降って来たら最悪です。国道沿いにコンビニや飲食店があれば便利です。
この日も車は何台か出入りしていましたが、列車の写真を撮影したらすぐに去っていきました。
うっかりしていましたが、あの日は中高年のハイキング客が5〜6人近くと、鉄道ファンらしき若い男が降りて来ました。
千葉バス太郎
2011/04/05 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】春の鶴舞駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる