乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【成田空港交通】千葉200 か 16−62

<<   作成日時 : 2011/02/21 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 平成18年式の三菱PJ−MS86MPで、車番は「604」。高速夜行バスの予備車で、ハイデッカーの3列シート29人乗り。側面ガラスは固定窓で、スモーク仕様となっている。
 京成バスでは数を減らしつつある旧塗装のままだ。側面のロゴは「Narita Airport Liner」となっている(昼行高速バスは、旧塗装が「KaNaC」、新塗装は「Narita Airport Transport)。そのうち新塗装に変更されるかもしれない。
 当初は仙台線「ポーラースター」(成田空港・千葉駅・西船橋駅・柏駅〜仙台駅) 用に導入されたが、平成20年に京成バスから「ファンタジアなごや号」(西船橋駅・東京ディズニーリゾート・東京テレポート駅・横浜駅〜名古屋駅)用の三菱PJ−MS86MPが1両移籍したため、予備車となった。その後、平成21年4月に京成バスが運行していた和歌山線「サウスウエーブ」(海浜幕張駅・西船橋駅・東京ディズニーリゾート・京成上野駅・横浜駅〜堺駅前・南海和歌山市駅 )が成田空港交通へ移管されたことから、同線に転用された。しかし、同年12月に日野PKG−RU1ESAJが導入され、現在では「ポーラースター」と「サウスウエーブ号」両方の予備車となっている。
 ハイデッカーなので車窓は今ひとつだが、夜行バスなので外を眺めるわけでもなく、眠っている時間が長いのだから問題はないであろう。「ポーラースター」は京成バスが平成元年3月に運行開始した当初から、3列シートながらハイデッカーという変わった車両で知られていた(平成10年12月に成田空港交通へ移管)。
 なお、「ポーラースター」「サウスウエーブ号」とも、成田空港交通は運行管理のみで、千葉県側の予約は京成高速バス予約センターで実施している。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは…。
今回の大震災で、同社の和歌山線はともかく、仙台線(ポーラスター号)は、運休を余儀なくされました。
しかし、「緊急支援高速バス」と称して、同社は京成バス等と組んで、震災直後から昼行・夜行便を、千葉・東京都内〜仙台行きのバスとして走らせています。
これらの取り組みは、称賛に値すると思います。
できれば、以前のように、石巻まで乗り入れてくださると、ありがたい方々もいらっしゃるでしょうが、路線免許の事や、同市の甚大な被害状況を勘案すると、難しいのでしょう。
車両の話題から離れ、すみません。失礼致します…。
フラワー
2011/04/26 00:18
> フラワー様
こんばんは。コメントありがとうございます。
「ポーラスター」は利用者自体が減少していること、とくに石巻までの利用者はほとんどいなかったことから、仙台までに短縮された経緯があります。京成バスでは採算が合わず、成田空港交通に変更されました。さらに最近は、ツアーバスに押されていることもあるそうです。
千葉バス太郎
2011/04/26 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
【成田空港交通】千葉200 か 16−62 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる