乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】一宮駅、一宮海岸

<<   作成日時 : 2011/02/05 15:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

 JR外房線は上総一ノ宮から先が複線となり、特急や快速を始めとした折り返し列車も多く、大網、茂原、大原などともに輸送拠点の一つだ。一部の列車で増解結も行なわれている。2面3線のホームの安房鴨川寄りに、夜間滞泊用の電留線があり、構内の有効長は長い。現業機関としては、幕張車両センター一ノ宮派出、千葉電力技術センター一ノ宮メンテナンスセンター(旧・一ノ宮電力区)がある。かつては大網保線区一ノ宮保線管理室もあったが、保線管理室制度の廃止により、巡回などの業務は大網保線技術センターで行なっている。
 一宮町の中心だが、町の規模と比例して乗降客は多くない。夏の海水浴シーズンは賑わっていたが、海水浴客そのものの減少とマイカーの台頭などで、鉄道利用者は減少している。サーファーもマイカーが主流だ。JR直営駅であるものの、現在は駅長がおらず、茂原駅管理となっている。
画像←上総一ノ宮駅。かつては海水浴客で賑わった

 JR外房線の上総一ノ宮駅には、茂原一宮線(茂原駅南口〜七井土〜一宮駅〜一宮海岸)、一宮大多喜線(一宮駅〜上市場〜上之郷〜大多喜車庫)の2路線が乗り入れる。というか、一宮町の路線バス自体もこの2路線だけだ。どちらも利用者は少なく、バス利用を喚起するため、運賃の上限を500円に引き下げたが、残念ながらその効果は現れていない。運賃の安さでは、マイカーの便利さに勝てないのだ。このうち、一宮大多喜線に対しては一宮町、睦沢町、大多喜町で運行経費を補助している。
 茂原一宮線は長南営業所が担当。平日朝1往復、夕方2往復で、休日は全便運休となる。平成21年11月20日の改正で午後の1往復は一宮駅〜一宮海岸間の区間運行に短縮された。一宮駅〜一宮海岸間の回数が多いのは意外だが、小学校の通学輸送を担っているためのようだ。もっとも、以前は茂原駅〜一宮駅間の区間便も運行されていたらしい。茂原駅南口〜七井土間は、上市場線(茂原駅南口〜七井土〜上市場)が平行している。車両は大型・中型とも入る。
 一方、一宮大多喜線は大多喜車庫が担当。 平日5往復運行しており、平成20年4月1日の改正で全便土休日運休となった。中型車が大半だが大型車も入る。かつては一宮駅〜上之郷間の区間便もあった。現在でも上之郷の折返場は、上市場線が長時間の休憩のあるダイヤで使用している。
 さて、小湊バスは「上総一ノ宮駅」でなく、「一宮駅」と称する。かつては、一ツ松海岸行と太東駅行も運行されていたが、いずれも平成初頭に廃止されている。駅前広場は猫の額のように狭く、バスの停車スペースも送迎の自家用車に占拠されがちだ。乗り場は駅舎側が一宮海岸行、向かい側の食堂兼大判焼屋の前が茂原駅行と大多喜車庫行と分かれ、いずれも白百合型のポールとなっている。
 一宮海岸方面行乗り場のポールには、黒枠だけの路線図が残っており、太東駅行が発着していた名残りだ。一宮海岸行についても、夏季のみ臨時運行されていた「一宮海水浴場」も記載されている。問い合わせ先は「茂原営業所」となっている。
画像←駅舎側の一宮海岸行のポール。運行系統図に廃止路線の名残りが

画像←駅舎向かい側の茂原駅行と大多喜車庫行のポール

画像←乗り場で発車を待つ大多喜車庫行(日野KC−RJ1JJCK)

 午後の一宮海岸15:09発の一宮駅行は、15:15に一宮駅到着後、折り返し16:39発の一宮海岸行まで1時間以上あるので、一宮駅到着後は東口側に設置されている一宮町役場裏の待機場まで回送することが多い。
画像←一宮町役場裏の待機場

【一宮海岸】
 コンクリートで護岸された一宮川の河口のほとりにある。ホテルや旅館、企業の保養所から離れた場所にあり、静かなたたずまいだ。ラーメン屋が隣接するほか、川向こうにはローソンもある。
 砂利敷の折り返し場には、中央部にポールがあるだけだ。ポールは年季を経ており、円盤に書かれた「三角〜一宮駅〜八積〜七井土〜茂原駅」の文字もかすれている。
 身の上話で恐縮だが、一宮町には小学校5年生の時、林間学校で「船橋市立一宮少年自然の家」へ行った思い出の場所である。
画像←一宮海岸のポール

画像←発車待ちする一宮駅行。茂原駅で一宮駅行の表示は見られない。車両は日野U−HT2MMAA(富士7E)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
こんばんは…俺のマイカー返せ〜(まだ返って来ないの(泣)
さて、今回の一宮駅&一宮海水浴……じゃなかった、一宮海岸での約一年前の思い出話を、今は星屑?鉄屑?(またか!)の487で結婚式の打ち上げ送迎で一宮駅から一宮海岸近くのレストランの往復で、待機時間があったので、一宮海岸で待機でラーメン屋行った時に、丁度夜7時位だったので店主が「何でこの時間にバス来るの!」と驚いてました。(ちゃんと説明して納得してくれました)食事後バスに戻ったら!大雨が、寒くてヒーター付けたくても、民家があるのでE/Gかけられず、迎えの時間まで、バスの中で震えてました。因みにそのラーメン屋のオススメはモヤシ大盛の味噌ラーメンです。
また一宮駅前の食堂兼大判焼き屋の大判焼きは、冷めても美味しいですよ。
では、失礼します。
長南営業所881号車
2011/02/05 21:32
> 長南営業所家なき子様…ではなく881号車様
こんばんは。コメントありがとうございます。
取材当日は曇りで、一宮海岸は海風が当たる場所でもあり、あのラーメン屋の看板を見て、思わず食べたくなりましたム。また、近くにローソンもあり、自動販売機もない三川や大津倉より過ごしやいですね。
一宮駅前の大判焼き も、今回は店の営業時間と合いませんでしたが、次回はぜひ食べてみようと思います。
今なき487のように、「一宮海水浴場」の幕が入っている車両は少ないですし、もう復活することはないですね。
千葉バス太郎
2011/02/05 22:06
一宮の方も、すっかり、本数が減ってしまいましたね…(>_<) 


ところで…


大網や茂原周辺に、ノンステップのバスは、いつ登場するのやら…?(^_^;)

何故、千葉や市原ばかり、新型が入るんですかね…???


実際に、バスへ乗ってても…お年寄りの乗り降りが、かなり大変そーに感じるんですが…。

山武郡民♪
2011/02/05 23:28
> 山武郡民♪様
こんばんは。
千葉市にある塩田営業所は、排ガス規制(自動Nox・PM法)地域内にあり、一部の型式を除いて13年目の車検を受けることができません。このため、まだ使用できる状態の車両は、規制地域外の長南営業所に登録変更し、引き続き使用します(小湊は塩田で11年、長南で5〜7年ぐらい使用)。
ちばフラワーバスも、路線車の大半を山武市の本社営業所の所属にしているのは、千葉市の中野車庫では登録できないためです。
規制対応に迫られて購入した新車がバリアフリー対応車だからであり、必然的に新車が偏っています。
国の環境基準は年々厳しくなり、それをクリアするエンジンの開発によって車両価格が高騰しており、事業者独自での導入が厳しくなっています。
このため、国などによる補助制度もありますが、代替が条件となっています。また、市原市でも独自の補助制度を設けています。
いずれは塩田営業所の初期のワンステップバスも、長南営業所に転入して来るはずです。また、排ガス規制の対象車が一掃されれば、再び長南営業所にも バリアフリー対応の新車が導入される可能性があります。
千葉バス太郎
2011/02/06 00:33
> 千葉バス太郎さん

情報、ありがとうございます!(^O^) 


ところで…855の降車ボタンの音、他のバスと違うんですね!(゜∀゜;ノ)ノ
山武郡民♪
2011/02/06 01:25
> 山武郡民♪様
855は日野自動車シャーシに日野車体を架装しているため、他の車両とはあらゆる部品が異なります。
千葉バス太郎
2011/02/06 08:03
コメント失礼します。
一宮海水浴場行バスは浜辺・海の家のあるところまで、夏場乗り入れてました。
昔の一宮海岸バス停は今のところではなく母子ホームを過ぎ、一宮川に沿って走らず、手前で右折し、町営の野球場の脇が一宮海岸バス停&折り返し場だったと思います。
すごく狭い道を入っていましたが・・・。一宮海水浴場行きはそのまま直進して浜に出ていたように思います。
海岸バス停が今の場所になったのはそれでもずいぶん前ですね。
一宮海岸発・一宮駅行きっていうのは、ずいぶん前に、夕方一本ありました。その時は、ちょうど、一宮駅前の農協の手前あたりでお客をおろして、真っすぐ国道に出て、大通り交差点から駅に戻ってきて、海岸行きにとしてまた出発していたようでした。
それから、小湊バスの一宮折り返し場(乗務員の運行カードには駐車場と昔書かれていましたが・・・。)はまだ現役なんですね。
kumakun
2012/06/14 22:51
字数オーバーになったので、続きを・・・。
ほとんど、小湊バスが通勤者への月極め駐車場に以前からしていましたが、踏切を越えてすぐが右折禁止になってから、つかわれなくになったものと思っていました。
実際、大多喜・一宮線では、一宮駅一つ手前の警察前バス停を通らず、国道をまっすぐ進んで、千葉銀行先の駅入り口からバスが入ってきて、一宮駅前で乗降させていたようでしたので・・・。
(警察前のバス停には、一宮駅行きの時刻が記載されているのに、変だなと思っているのですが・・・。)
自分の記憶(子どもの頃)では、一松行きは、海岸線最終バスが、一松まで延長運転していたように思います。(一松では折り返さず、白子線の路線で、回送していたのかな?)
朝は、海岸線の一番バスが一松から発車してましたね。
太東行きは、午後一時ごろ一往復あったと思います。
今は中型車で運行されていますが、一宮・大多喜線は、
その昔、大型車だったころ、一宮の国道から、大多喜に入るには、今のセブンイレブンとオランダ家の間を左折し、その先の狭い一方通行をまた左折して、玉前神社裏から始まる県道に出ていました。
その狭い一通の左折がすごく厳しくて、バスやトラックがこすってあけた穴がブロック塀にありました。
今は少し拡張されましたが、12mの大型バスでは厳しいでしょうね。
一宮商業高校の野球応援バスは、国道から入れず、長生村の七井土から睦沢を経由してよく運行してました。
一宮の国道に出るときは、大丈夫らしいですが・・・。
玉前神社があるので、県道の拡張工事が難しいらしいです。別ルートでの拡張工事が始まっていますが、
まだまだ時間がかかりそうですね。
kumakun
2012/06/14 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】一宮駅、一宮海岸 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる