乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千葉交通】ハニワ台車庫

<<   作成日時 : 2011/01/08 21:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 芝山町南部のはにわ台住宅団地は、県道成田松尾線から分かれて約2キロ、「はにわ台住宅団地 直進」の標識を見ながら(見ないと分かりにくい)数回右左折を繰り返すと、田園地帯に突然住宅が立ち並んでいる。同団地は千葉県企業庁が事業を行なった総数516区画の住宅造成地で、昭和46年から分譲開始した。住居表示は新井田で、芝山町は古墳が多く、古墳から「はにわ」が多く出土されたことから、団地の名称にしたのであろう。県道成田松尾線のバイパスも「芝山はにわ道」の愛称が付く。
 はにわ台住宅団地の一角に、千葉交通ハニワ台車庫がある。停留所名の通り、かつては車庫として機能していたが、平成20年に成田営業所の新築移転に伴い集約され、ただの折り返し場に過ぎない。なぜかバスは「ハニワ台」とカタカタ標記となっている。
画像 ←ハニワ台車庫のポール。奥が詰所

 ハニワ台車庫から発車するのは、久能・両国線の京成成田駅東口行で、6:20、6:50、10:35、14:50(土休日運休)の僅か4本。日中の2本は折り返し、朝の2本は成田営業所から回送で来る。夜間のハニワ台車庫行2本も、到着後は成田営業所へ回送となる。ハニワ台車庫発の最終は14:50発と早い。土休日は10:35発が最終だ。居住者は成田空港や工業団地で働いている人が多く、大半がマイカー通勤だからバス利用者が少ないのであろう。このほかに、スクールバスが発着する。
画像 ←スクールバスのポールも設置

 構内は青い屋根の小さな詰所があるだけで、給油スタンドや洗車機はない。京成成田駅に到着後、当時は成田市役所の近くにあった成田営業所まで回送し、給油や洗車を行なっていた。車庫だった頃は車両も数両配置され、出勤した乗務員のマイカーが並んでいた。以前は三里塚・七栄経由京成成田駅行と、小池経由の八街駅行もあったが、いずれも廃止された。
 ハニワ台車庫に来る車両は、中型車の日野KK−RJ1JJCKが多い。数年前は大型車の日野U−HT2MLAAや日野KC−HT2MLCAが配置されていた。LEDでは「ハニワ台車庫」と表示しているが、幕式は「芝山ハニワ台団地」となっている。
 周辺は閑静な住宅地で、バスが発車してしまうと、上空を飛行機が通過する時以外は静まっている。
画像 ←ハニワ台車庫で待機する京成成田駅東口行。車両は日野KK−RJ1JJCK

【車両配置があった頃】
 写真は平成18年11月11日に撮影したハニワ台車庫である。写真では2台しか写っていないものの、ほかの車両は早朝に出庫した後だ。一見すると現在と変わらないようだが、詰所の前に乗務員の自家用車が数台止まっており、車庫として機能していたことが分かる。当時のハニワ台車庫発は6本運行されていた。ハニワ台団地発着のほか、回送で出入庫する運用もあった。現在は2台が並ぶことはない。
 写真手前の日野U−HT2MLAAも廃車となっている。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千葉交通】ハニワ台車庫 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる