乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【館山日東バス】平群車庫・天神郷

<<   作成日時 : 2010/11/12 20:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

 平群線(館山駅〜那古〜三芳病院〜不寝見川〜平群車庫)の終点である。以前は一部の便が平群車庫から先、荒川まで運行していた。昭和60年10月1日に三芳局前〜荒川間で自由乗降制を導入した。自由乗降制の導入は、千葉県内では早い方だ。
 その後、平成元年10月1日から廃止代替バスとなった。富山町営バス(現・南房総市営路線バス富山線)「トミー」の運行開始に伴い、平成9年10月1日から全便が平群車庫までに短縮された。平成19年10月1日から、ジャスコなどが入るロックシティ館山を経由するようになった。しかし、利用者の減少は止まらず、平成20年9月1日の改正で、長らく続いていた5往復が4往復に減便された。また、府中経由が廃止され、那古経由に統一されている。
画像 ←ポールはそれほど古くないが、錆が浮いている

 さて、車庫と名乗っているが、未舗装のバス2台分の駐車スペースと、トイレの付いた小さな休憩室があるだけだ。実際に使用しているのは1台分で、白線が引いてある。館山駅前の本社営業所と距離が離れており、長距離回送による経費を削減するためか、現在でも夜間滞泊が行なわれており、敷地内に運転手の自家用車も止めてある。昔はガレージと宿泊設備があったと思われる。後方には御殿山(標高368.9m)が見える。
画像 ←平群車庫で待機する館山駅行

画像 ←小さな詰所があるほかは何もない。後方は御殿山

 車両は「リエッセ」(日野KK−RX4JFEA、袖ヶ浦200 あ 163)を使用。車体には水仙などが描かれている。貸切登録の小型ナンバーで、前扉のみとなっている。側面方向幕はなく、サボを使用している。日東交通グループのマイクロバスは、側面方向幕が付いていなかった。予備車は白一色の同じ「リエッセ」が入る。
 以前は平群車庫で「トミー」と乗り継いで、岩井駅方面に行くことができた。 「トミー」の前身は、館山日東バス富山線(岩井駅〜不寝見川〜平群車庫〜山田)で、平成2年から廃止代替バスとして運行されていた。廃止代替バスの運行補助と、富山病院送迎用ワゴン車の運行費の軽減を図るため、平成9年10月1日から自治体直営の「トミー」に切り替えられた。
 しかし、利用者は減少の一途を辿り、南房総市の運行経費の負担が年々重荷となってきたため、平成21年10月1日から富山国保病院〜平群車庫〜荒川・山田方面は、バスの運行を取りやめて、セダン型タクシーを使用したデマンド型乗合タクシー「やまなみ線」による実証実験が開始された。なお、「トミー」は富山国保病院〜合戸〜岩井駅〜小浦〜なむや(館山日東バスと乗り換え可能)〜小浦〜岩井駅〜二部〜富山国保病院のコースに変更し、平日の一部と土曜休日の全便が電話予約によるデマンド運行になった。
天神郷
 平群車庫周辺は、かつての平群村の中心部として活気を呈していたようだ。平群車庫の一つ館山駅寄りの天神郷停留所にある木造2階建てのレトロ調の建物は、昭和30年2月11日に岩井村と平群村が合併して富山町となるまで平群村役場だった。合併後も長らくの間、富山町役場平群出張所として使用されていた。「富山町民俗資料館」の看板が掲げられているが、カーテンが閉じられており、開館している気配はない。事前に申し込みがあった場合のみ、職員が出張して来るのかも知れない。アルミサッシに交換されているものの、ブロンズカラーなので違和感がない。
画像 ←旧平群村役場(右)と平群天神社の鳥居

 「富山町民俗資料館」は、隣の平群天神社の鳥居とマッチしている。平群天神社は伊予ヶ岳(標高336.6m)の登山口だ。平群郷停留所前のポールは、平群車庫方向にしかない。
画像 ←バス停が伊予ヶ岳の登山口

 平群車庫の近くにもJA安房平群支店も平成17年に閉店してしまい、現在はATMのみ稼働している。作業場は組合員に開放されているようだが、職員が引き上げた鉄筋2階建ての立派な建物が哀れだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

平群神社は、そろそろ境内のイチョウがキレイな頃かも知れませんね。家から15分の所ですが、最近行っていないので、キレイですよ!と言えない自分が、お恥ずかしいです(汗)

平群車庫。パッと見、平舘車庫と見間違えそうになるのは、自分だけでしょうか?なので千倉線の行き先は [ 千倉・平舘 ]なんでしょうかね。勝手ながら、そう思い込んでます。

深まる房州の秋、トミー号と平群線、そして快速バス「うらら」と、小型バスの乗り継ぎなんてのも、楽しそうですね。
くるり101号
2010/11/12 22:09
千葉バス太郎様へ
こんばんは、館山日東バスの平群車庫の記事を読みました、なかなかよくまとめられてあります。
アンズなどのイラスト付きバスが、活躍していますが、以前は、お城のイラストがありました日野レインボーRB型車もいましたね。三芳村方面へのバスも、そのうちに、乗ってみたいと思います。朝晩、冷えてきました。風邪などには、ご注意ください。それでは失礼致しました。
からたち
2010/11/12 22:57
> くるり101号様
こんばんは。コメントありがとうございます。
私は山里にある平群車庫に、ポツンとバスが止まっているたたずまいが気に入っています。昔は運転手と車掌もここで宿泊し、本当の車庫としての機能を果たしていたことが容易に想像できます。
確かに「平群車庫」と「平舘車庫」を間違えそうですね。千倉線は「千倉・平舘」としているのは、千倉の方が知名度が高くて分かりやすいし、平舘車庫まで乗る人が少ないからかも知れません。どちらも停留所名に「車庫」を冠しているのがいいと思います。
そもそも、「平群」も「平久里」と両方が混用されていてややこしいです。私が訪問した日は、平群天神社例祭の数日前で、あちこちにのぼり旗が立っていました。
千葉バス太郎
2010/11/12 23:40
> からたち様
こんばんは。コメントありがとうございます。
私は交通関係のモノ書きでメシを食ってきたので、褒めていただけるのは大変光栄に存じます。
さて、丸線で使用されていたイラストバスの日野レインボーRBについては、次回に掲載したいと思いますので、よろしくお願いします。
千葉バス太郎
2010/11/12 23:51
前回は、誠に失礼致しました。お詫び申し上げます。平群車庫は、お名前だけは聞いたことがありましたが、この様な形になっていたとは知りませんでした。日東さんにも、普段はわからない車庫が沢山あるようですね。私は、正木にある車庫を見てみたいです。館山系統の高速バスも、いらっしゃるそうですね。
アクシー号で
2010/11/13 12:59
> アクシー号様
コメントありがとうございます。私も怒っているような書き方になっていましたね。気にしていませんのでご心配なく。
館山日東バス&日東交通館山営業所の正木車庫は見学する価値があります。広々としており、主に高速車、貸切車のほか、予備車が並んでいます。昨年には向かい側に第二車庫が増設されました。国道127号線沿いで館山駅から離れており、車でなければ行けませんが。
千葉バス太郎
2010/11/13 18:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【館山日東バス】平群車庫・天神郷 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる