乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】10月の長南営業所の動きなど

<<   作成日時 : 2010/11/01 16:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 長南営業所に所属する一般路線車の「袖ヶ浦22 か 563」(日産ディーゼルU−UA440LSN)、「袖ヶ浦200 か 486」(いすゞU−LV324L)、「袖ヶ浦200 か 487」(いすゞU−LV324L)の3両が、10月下旬に廃車となった。いずれも富士7Eボディを架装していた。ナンバープレートや方向幕、再利用できる部品などが取り外されて、長南営業所構内に留置されている。
 「袖ヶ浦22 か 563」は平成6年2月製で、季美の森線(大網駅〜季美の森)用として導入された。当初は住宅開発事業者の補助を受けて導入されたのでオリジナルカラーだったが、平成18年に標準色へ塗り替えられた。グリーンを基調としていたため、ブロンズカラーのサッシ枠だった。
 「袖ヶ浦200 か 486、487」はいずれも平成5年式。このうち、「486」は元塩田営業所所属で、「千葉22 か 36−22」だった。平成17年に長南営業所に転入してきた。かつては側面に広告が書かれていた。「487」は元塩田営業所木更津車庫の所属で、「千葉22 か 36−20」だった。平成17年に長南営業所へ転入したのち、大一自動車で車体更正を受けていた。
画像←長南営業所に留置される3両の廃車体。左手前が486、奥が563、その右が487

 その代替として、塩田営業所姉崎車庫から「袖ヶ浦200 か 880」(三菱KC−MK219J改、元千葉200 か 193)、「袖ヶ浦200 か 881」(三菱KC−MK219J、元千葉200 か 194)、「袖ヶ浦200 か 882」(日産ディーゼルKC−UA460LSN、元千葉200 か 179)が転入した。いずれも平成11年式で、車体更正を受けていない。
画像←長南営業所で準備中の転入車3両。左から881、882、880

<三菱KC−MK219J改>
 形式には「改」が付く。このグループはクーラーが中央部にあるほか、側面方向幕下の窓は一体型となっており、長南営業所では初めてのスタイル。大多喜車庫所属の「袖ヶ浦200 か 763」(元塩田営業所木更津車庫所属の「千葉200 か 84」)と「袖ヶ浦200 か 770」(元塩田営業所木更津車庫所属の「千葉200 か 85」)も同じ仕様となっている。
 姉崎車庫管内では平成22年5月から「PASMO・Suica」が導入されたものの、僅か半年足らずでお役御免となってしまった。姉崎車庫の一般路線最後のツーステップ車だった(後述する日産ディーゼルKC−UA460LSNは、路線運用から離脱していた)。
 側面方向幕の写真は大網線用の表示だが、従来の車両は「大網駅ゆき」だけのところを、営業所でも気合いを入れて、「茂原駅→新茂原駅入口→長生病院→本納駅入口→永田駅入口」と細かく記載されている。同線は1日2往復で、日祝日は運休となる。
 このうち「881」は、11月1日から三川線や茂原大津倉線などに入る運用でデビューした。
画像←「881」。行先表示は、今や平日1往復しかない茂原駅発中の島経由七井土循環

画像←茂原駅発大網駅行の側面方向幕は、途中経由地を細かく記載。窓は固定式

<日産ディーゼルKC−UA460LSN>
 同型式は平成9年に1両(千葉22 か 42−23)、11年に2両(千葉200 か 178、179)、12年に1両(千葉200 か 324)の合計4台導入され、9年式と11年式の3台が姉崎車庫、12年式が塩田営業所に配置された。このうち、姉崎車庫配置の3台については、すでに九十九里鐵道と長南営業所白子車庫に転出しており、今回の転属で姉崎車庫から全滅した。同型式は現在、塩田営業所に1両が残るのみで、23年度に長南営業所管内へ転出すると思われる。
 この車両は「PASMO・Suica」に対応することなく、5月以降は姉ヶ崎駅〜三井化学市原工場間の通勤バスで使用されていた。三菱KC−MK219J改と異なり、「PASMO・Suica」対応機器を装着しなかったのは、導入コストと改造の手間を抑えたのであろう。
 初日は長柄中学校のスクールバスで運用開始した。今後は季美の森線で使用される。
画像←「882」。長南営業所初の日産ディーゼルKC−UA460LSN。撮影時点では「赤トンボツアー」の広告が付いていなかった

姉崎車庫に日産ディーゼルKL−UA452MAN
 一方、姉崎車庫ではこれら3両の転出に伴い、塩田営業所から日産ディーゼルKL−UA452MAN(西日本車体)が2台転入した。平成17年式の「千葉200 か 13−77、13−78」で、このうち「13−78」は一般路線に入らず、三井化学の通勤輸送で使用されている。
画像←姉崎車庫に転入してきた日産ディーゼルKL−UA452MAN。写真は「13−78」

※写真撮影に当たっては、長南営業所の皆様にご協力いただきましたことを感謝申し上げます。また、誠に勝手ながら、車両の動きに関する質問はご遠慮いただきたいと存じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
今晩、昨日の撮影ご苦労様でした、撮影協力の御礼まで頂いて、867氏と共々感謝しております、さて…487から881に、チェンジして、今日出陣となりました、881ですが、ファーストインプレッションは、「ちっちゃくてもふそう!腐ってもふそう!」です早A姉崎で丁寧に使われてたらしく、E/G・T/Mは大当たりで調子がいいですただボディと車内がくたびれてるのが残念ですが、487以上に頑張って貰いたいです。
また、長南には後2両塩田から来ますが、希美の森に行く車だそうで、いよいよ「希美の森7E軍団」の全滅も近いようです。では、失礼します。
長南営業所881号車
2010/11/01 21:37
> 長南営業所881号車様
コメントありがとうございます。867氏を始め、インテルバス(私はあのCMに出たバスをそう呼んでいます)の主にも一瞬お会いできて何よりです。
それにしても、881号車が初日から良いスタートを飾ることができて何よりです。
そして、茂原駅発大網駅行に入り、せっかく作ったこの幕が日の目を見ることを期待しています。
季美の森線の富士7Eともついにお別れですか(涙)。中型が主力となってしまうのは残念ですが、利用率からすればやむを得ないと思います。
エアロスターの60号車と、富士7Eの882号車にも頑張ってもらいたいものです。
千葉バス太郎
2010/11/01 22:08
千葉バス太郎様
あー!「希美の森7E軍団」全滅じゃないでした、882が来るのですから、「希美の森ブラックサッシ7E軍団」全滅でした!失礼しました。
罪滅ぼしで、後2両希美の森に入るのが、自分の知ってる範囲ですが、8E・LRの200と201らしいとの事(間違えたらごめんなさい)もし、8E・LRだと…「8E・LR5兄弟」と・なるのかも。
では、失礼します。
長南営業所881号車
2010/11/01 22:21
> 長南営業所881号車様
貴重な情報をありがとうございます。
車両面から見ると、富士8EのLRでは面白みがありませんね。きららの国線と合わせると、大網駅発着の約半分は8Eとなってしまい、大型車で統一されている白子車庫とは対照的です。
千葉バス太郎
2010/11/01 22:53
お久しぶりです。
また、撮影お疲れ様です!
季美の森7Eも見納めが近くなっていますね。
特にUーMPの565は頑張っていたように感じます。個人的には寂しいような気もしますがお疲れ様と言ってあげたいものです!
では、失礼しますm(_ _)m
グロ
2010/11/02 10:40
> グロ様
コメントありがとうございます。
先ほどいただいた情報によりますと、季美の森線の564(日野)、565(三菱)が、本日ナンバープレートが外されたとのことです。
これにより、季美の森線用に導入されたブラックサッシの富士7Eは、4両全車が廃車となりました。
4両の中で、三菱ふそうの565はパワーがあって評判が良かったそうです。
千葉バス太郎
2010/11/02 18:05
そうですか、ついに廃車ですか。とても残念ですが次の車両にも頑張ってほしいです。

564(UーHT)が廃車となりますと、526も近いなととても寂しい気持ちになります!
グロ
2010/11/02 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】10月の長南営業所の動きなど 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる