乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】光風台駅と光風台坂上

<<   作成日時 : 2010/09/05 09:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

 光風台駅は光風台団地の開発に合わせて、昭和51年12月23日に新設された小湊鉄道線で最も新しい駅。五井、上総牛久に次いで利用者数が多い。途中駅では唯一、跨線橋で駅舎と交換可能な1面2線のホームを結んでいる。設備は近代的で、列車が接近すると放送が流れ、ホームの駅名標も屋根から吊るすタイプだ。鉄筋コンクリートの駅舎は立派だが、木造駅舎のような温かみはなく、機能性を重視している。自動改札機が似合いそうで、京成線の駅のようだ。屋根上の駅名標が大きく、存在感を示している。
画像←光風台駅前にあるバス乗り場。「牛久駅行」の文字が残る

画像←近代的な光風台駅舎

 駅前からは丘に広がる光風台団地が一望でき、駅の裏側にスーパー「マルエイ」もある。駅前広場に月極駐車場とコインパーキングがあり、月極駐車場の車止めは旧レールを再利用している。
 光風台駅の鉄道輸送に対する貢献度は高いはずで、光風台駅がなければ利用者数も今以上に少なかったと思う。光風台駅における通勤通学定期客の比率は、かなり高いと思われる。ただし、宅地開発からすでに30年以上経過し、少子高齢化などにより、10年間で利用者が半減しているのが気がかりだ。
画像←光風台に停車中の五井行。ホームと駅舎は跨線橋で結ばれている

 さて、光風台駅には光風台線(姉崎ターミナル〜姉ヶ崎駅東口〜不入斗〜立野〜光風台駅)と市原市コミュニティバス「コスモス南総」(光風台駅〜小勝山〜上総牛久駅・循環器病センター)が乗り入れる。光風台線はかつて、牛久駅まで運行されていたが、鉄道と並行する光風台駅〜馬立駅入口〜牛久駅間が廃止された。白百合型のポールには、今でも「牛久駅行」の表記が残っている。いちはら緑園都市経由や、5月27日から新設された帝京大学医療センター直通もある。
 光風台線は塩田営業所姉崎車庫の担当で、5月2日からPASMO/Suicaが使用可能となった。大半がワンステップ車で、LED式行先表示を採用。写真の三菱PJ−MP35JMは平成18年式で、姉崎車庫に3両、塩田営業所に1両配置されている。姉崎車庫では三菱PJ−MP35JMの導入に伴い、同数の日産ディーゼルU−UA440LSNが九十九里鐵道へ移籍した。
 一方、「コスモス南総」は平成20年1月15日から運行開始し、土休日は運休する。「ジャーニーJ」ブランドで、中扉にリフト付きのいすゞBDG−RX6JFBJを使用している。長南営業所の担当なので、PASMO/Suicaは使用できない。同じ市原市内でも、牛久駅や養老渓谷駅発着路線の車両とは隔世の感がある。
画像←待機中の三菱PJ−MP35JM。一般路線はPASMO/Suicaが使用可能だ

画像←「コスモス南総」も乗り入れる

<光風台坂上>
 夕方以降に光風台駅発光風台坂上行の区間便が、平日3本、土曜日2本、休日1本運行されている。所要時間7分の短距離系統だ。光風台団地の開発面積は広く、西側の光風台4丁目は駅から離れており、登り坂で暗い夜道を歩くよりも、バスを利用した方が便利であろう。とくに雨の日はありがたいはずだ。どの程度の利用者がいるのか気になるところ。
 折返し場は団地内らしくコンクリート敷きで、姉ヶ崎駅方面の乗り場には屋根が設置されている。開発事業者が整備したのであろう。帝京大学医療センター直通(姉ヶ崎駅東口経由)の新設に合わせて、ポールが新品に交換された。
画像←ポールの円盤

画像←折返し場と屋根付きの乗り場
 
その後の光風台駅
 平成23年に入って、ポールが新品に交換された。帝京大学医療センター行の新設やPASMO/Suica導入に対応している。これにより、牛久駅まで運行していた当時の痕跡がなくなってしまった。
 また、駅の裏側にあったスーパー「マルエイ」も閉店となった。
画像←光風台駅の新しいポール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
こんばんは、光風台駅は、中学の時、同級生の親が駅員だったのと、高校のバイトで利用してました。
さて、バスでは、これまた高校の部活の帰り姉ヶ崎駅〜牛久駅を一回だけですけどね。
確か、光風台〜姉ヶ崎の路線で中高根だったかな〜、通った路線あった記憶が…(急な坂のS字カーブにポツンとバス停あって、その坂を降りたら車一台分に近い道幅の道路が・・・)うーんでは、失礼します。
長南営業所487号車
2010/09/06 21:46
> 長南営業所487号車様
こんばんは。コメントありがとうございます。
光風台線は所要時間約30分の路線ですが、その割に車窓の変化が激しいと思います。
有秋台付近は埋立地に進出した企業の社宅群や、新興住宅地の緑園都市入口を過ぎると一転してのどかな風景となり、光風台坂上から再び新興住宅地を通るなど、景色は飽きないですね。館山自動車道の高架橋ををくぐったり、立野の交差点も改修され、中高根付近のカーブも拡幅されましたが、相変わらず下り坂のS字カーブです。
この前は、光風台駅行に「日産デ+西工」ノンステの「12‐41」も使用されるなど、すっかり近代化していました。
千葉バス太郎
2010/09/06 23:46
こんばんわ。いつもお世話になります。
自分はちょうどこの地域の周辺に住んでおり、5月下旬実施の小湊バス姉崎地区改変では、潮見通り経由五井〜姉崎の増便、帝京医療センター直通系統新設で光風台地区も十数年間変化のなかった時刻表も差し替えられた一方、五井-分目・帝京病院は大幅に減便され、時折利用している身近な路線の変貌を感じました。姉崎駅西口の五井・長浦方面のポールが増便を期に近代型(看板)ポールへ交換されてましたが、2ヶ月足らずで撤去され電照式ポールに改修されてました。平日はロータリー内を工場地帯方面へ各企業自家用バスが往来しますがそれ以外は閑散としており、ちょっとした小変化を楽しめました
N
2010/09/10 00:26
> N様
コメントありがとうございます。
駅前など主要停留所での電照式ポールへの交換は、防犯灯としての役割としても好ましいと思います。姉ヶ崎駅西口はタクシー乗り場があるだけで暗いですからね。
緑園都市入口〜光風台坂上間のポールも、一部は新品に交換されましたが、同区間は利用者が少ないことから、未だに「牛久駅」を黒く塗り潰した古いポールも残っています。
千葉バス太郎
2010/09/10 08:28
自己レスになりますが、光風台駅のポールが新品に交換されましたので、写真を追加しました。原文ならびに古いポールの写真はそのまま残してあります。
千葉バス太郎
2011/03/21 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】光風台駅と光風台坂上 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる