乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】袖ヶ浦200 か 666

<<   作成日時 : 2010/08/25 15:04   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 平成8年9月製の三菱KC−MK219J改で、長南営業所所属の中型車。車体は三菱自動車バス製造の「エアロミディ」を架装。小湊バスはメーカー標準仕様ばかりかと思ったが、どこかにオリジナル仕様があるようで、形式に「改」が付いている。ほかにも「改」の付く車両が多いそうだが、銘板や車検証を見なければ分からない。
 さて、同車は元塩田営業所所属で、当時の登録番号は「千葉22 か 40−54」だった。平成19年12月1日から試験運行開始したいすみ市民バスの試験運行に合わせて、日野KC−RJ1JJCK(袖ヶ浦200 か 667)、いすゞKC−LR333J(富士8E、袖ヶ浦200 か 668)とともに、大多喜車庫へ転入してきた。しかし、いすみ市民バスは平成20年12月から路線縮小のうえで本格運行となったため、余剰となって長南営業所へ転属。一般路線で使用されている。平成21年2月には東昭興産で車体更正を受けている。
 写真は平成22年3月をもって契約輸送を終了した茂原駅東口〜望洋高校間のスクールバスの方向幕。正面には珍しく赤トンボツアーの広告が付いていない。
 なお、長南営業所に「エアロミディ」は意外と少なく、666のほかは714のみである。大多喜車庫は616、763、770が所属している。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
こんばんは、オーメン寃Iーメン寃Iーメン宸諱`出た〜
長南営業所で一番インパクトのあるナンバー666、この車がいすみ市民開始前に長南来た時は、ナンバー見て「な〜にこれ!すげーナンバー取ったな〜」 でした、確か某ブログにも出てましたね、また「改」ですが、車検証には「車体」だったかな…と記載されてます、616と714や770と見比べると、フロントバンパーの形や乗降表示灯の形、クーラーユニットの配置、運転席のベルトが二点式か三点式などの違いがハッキリ解るので見てて「年式で細かく換えるねぇ」と、まだ塩田にKCが二台KK車(上部開閉下部固定窓車)一台います。
最後に今日自宅に帰る前に事務所から「666に赤トンボの新しいの付けてと・・・」頼まれたのを付け加えておきます。
では、失礼します。
長南営業所487号車
2010/08/25 22:20
こんばんは。
666はすごい並びですね栫B赤トンボを付けて、貴重な社紋が隠れてしまうのは惜しい気がします。
車体メーカーのマイナーチェンジがなくても、発注した時期ごとに微妙な違いがあります。排ガス規制の強化で、型式が「U‐」から「KC‐」に変わった過渡期だからかも知れません。
とくに、富士5Eや7Eなどは顕著で、かつて地元の新京成では、半年ごとに新車を導入していましたが、毎回どこかが違っていました。
千葉バス太郎
2010/08/26 00:42
千葉バス太郎様へ
おはようございます。
三菱ふそうのエアロミディーは、小湊バスにもいたんですね。車体が、富士重でないのも、珍しいですね。
ヘッドライトの横にウィンカーランプがついていますね。
ツアー広告のバスマスクがないのは、千葉バス太郎様と、お付き合いがあります現場乗務員さんの協力によりまして、撮影する時のみ、幕を撤去してもらっていたものでしょうね。
毎回の取材は、大変かと思いますが、バス事業者様に知り合いがいる方は、取材がしやすくていいですね。
からたち
2010/09/16 10:17
> からたち様
コメントありがとうございます。
666撮影時にバスマスクがないのは、6月からの新しい赤トンボツアーの在庫が見あたらなかったためだそうで、今はめでたく?取り付けられています。
千葉バス太郎
2010/09/16 13:37
千葉バス太郎様へ
連投すみません、昨日私の治療院に長南営業所881号様が訪問してくださいました。これまでのことをお詫び致します。そのお詫びの上で、こちらの記事の私のコメントを、彼は「小湊には、ふそうの中型で、富士ボディはいません」と、訂正をもとめられました。確かにその通りでして、私も今、こちらのコメントを確認しましたが、私は「富士重ではない」と書いています。私も純正ボディという表現を使うべきでした。かなり誤解されてしまいました。エアロミディは、三菱ふそう純正となります。すみませんでした。誤解を招く表現を避けたいと思います。
からたち
2010/12/12 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】袖ヶ浦200 か 666 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる