乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小湊鐵道】茂原鶴舞線とV8エンジン

<<   作成日時 : 2010/08/13 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像←循環器病センターで待機中のいすゞKC−LV380L。ホイールベースが短いのが特徴

 長南営業所所属の「袖ヶ浦200 か 464」(いすゞU−LV324L)が7月末で廃車となり、その代替として塩田営業所からいすゞKC−LV380L(袖ヶ浦200 か 872)が転入し、8月4日より運用を開始した。塩田営業所当時の登録番号は「千葉200 か 192」で、平成11年5月製。車体更正は施行されておらず、側面には八幡宿の「漢方薬湯センター」の広告が描かれている。
 塩田営業所では、平成22年3月14日から「PASMO/Suica」が導入されたが、同車の対応期間は僅か4カ月と短かった。長南営業所転属に伴い、浜野工場で古い運賃箱に交換され、ICカード読取機も撤去された。しかし、今でも車内には「PASMO/Suica」の案内が掲出されたままだ。
 同時に、白子車庫でも「袖ヶ浦200 か 463」(いすゞU−LV324L)が廃車となり、やはり元塩田営業所のいすゞKC−LV380L(千葉200 か 191)に置き換えられた。登録番号は「袖ヶ浦200 か 871」となっている。
 いすゞKC−LV380Lは、平成8年に1両、11年に2両、12年に1両導入されたが、その後は中型車やワンステップ車が台頭していたため、担当者もおらず、「予備車の予備車」のような存在だった。八幡宿駅・五井駅発着の団地路線やスクールバスでは土休日に運用されず、塩田営業所で留置されていることが多く、千葉競輪の送迎で使用されるぐらいだった。
 7月21日の日記にも記載した通り、いすゞKC−LV380LはV型8気筒エンジン(240PS)を搭載しており、直列6気筒エンジン(230PS)搭載のU−LV324Lに比べてパワーがあるため、加速や坂道に強い。このため、現場サイドでも人気のある型式だ。
 長南営業所では、茂原鶴舞線(茂原駅〜上茂原〜長南営業所〜循環器病センター〜鶴舞駅)末端部の循環器病センター〜池和田間の坂道にふさわしい。同区間は幅員が狭く、急カーブが連続している区間だ。
 鶴舞駅というと、「関東の駅百選」に選定された昔ながらの駅舎に目が行きがちだが、バス路線も乗り入れている。しかし、平日3往復、休日1往復と少ないので影が薄い。鶴舞駅で茂原駅行に乗り継いでみるのも面白いと思う。池和田を過ぎると、国道297号線からいきなり信号のない狭い道に入り、急勾配の坂を一気に登って行く。途中には断面の小さなトンネルもある。
 なお、今回の「千葉200 か 191」と「千葉200 か 192」の転属により、塩田営業所に残る富士7Eボディのツーステップ車は、日産ディーゼルKC−UA460LSNが1両(千葉200 か 324)、いすゞKC−LV380Lが1両(千葉200 か 326)の合計2両のみとなった。「ニューエアロスター」の三菱KC−MP317M(千葉200 か 344)ともども、比較的早い時期に長南営業所管内へ転属すると思われる。
画像←茂原駅発循環器病センター行の側面方向幕。長南という停留所はなく、鶴舞も停車しない。いずれもバスが通る地区を記載している

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉バス太郎様
こんばんは、先週の金曜日の取材ご苦労様でした、またカレーご馳走様でした、しかし当日、朝一番の鶴舞駅行きで循環器病センターに、立ってたのには驚かされました。
千葉バス太郎様の文面にも872のV8堪能出来たようで良かったです、自分は週1回、872を茂原〜鶴舞線で運転するので、週1回の楽しみになりました(今までは前日487次の日464だったので)それと12日の木曜日と13日金曜日(ギャージェイソンが来る〜(笑)は配車関係で577を茂原〜鶴舞線で使用しましたが、普段は大型で走ってる茂原〜鶴舞線ですが池和田から鶴舞に抜ける狭い道は「さすが中型」ですが・・やっぱり大型で走る方がいいですね。
では、失礼します。
長南営業所487号車
2010/08/14 20:20
> 長南営業所577号車…ではなく487号車様
さぞかし驚いたことでしょう。あの便で循環器病センターから鶴舞駅まで乗る人はいないですからね。
お陰様でV8エンジンを堪能することができました。ほかに鶴舞駅行にふさわしいのは、三菱の554と619かと思われます。
ただ、富士7Eですので、ほかの7Eと見分けが付きにくく、三菱ニューエアロスターに比べて地味な存在かも知れません。また、車体広告がローカル色を出していると思います。
日東交通グループのある運転手から聞きましたが、現場では車両の大きさよりも、加速時や登坂走行時、エアコン作動時のパワーを重視しており、坂道では力がないと指摘してました。また、座席定員もそれほど違わないですね。
577号…と書いたら、本当の担当者から「俺の車だゴルア!」と叱られてしまいますね。577=大津倉」「三川」のイメージが強いです。
千葉バス太郎
2010/08/15 00:39
自己レスですが、本日形式写真を差し替えるとともに、側面方向幕の写真を追加しました。
「循環器病センター」の方向幕は、平日3回しか見ることができませんので、希少価値があると思います。
千葉バス太郎
2011/01/21 14:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小湊鐵道】茂原鶴舞線とV8エンジン 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる