乗り物彼方此方(のりものあちこち)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【千葉交通】成田湯川駅

<<   作成日時 : 2010/07/18 15:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 ←成田湯川駅に乗り入れる千葉交通

 平成22年7月17日に成田スカイアクセスが開業し、北総線の印旛日本医大駅と京成線の空港第二ビル間が結ばれ、途中に成田湯川駅が新設された。JR成田線と交差しているが、駅は設置されていない。
画像 ←開業初日の成田湯川駅

画像 ←成田湯川駅ホームの下をJR成田線が通過

 唯一の新駅となった成田湯川駅は、千葉交通の一般路線が乗り入れている。従来の湯川車庫から1停留所延長すると同時に、湯川車庫は「湯川」に改称された。成田湯川駅の駅前広場は、千葉交通成田営業所湯川車庫跡地につくられた。湯川車庫は平成20年2月に成田営業所と統合に伴って廃止され、少し離れた場所に湯川待機場が設置された。湯川待機場は成田スカイアクセス開業前に、成田湯川駅の近くの湯川車庫跡地へ再び移転した。今や湯川車庫があった面影は全くない。
画像 ←湯川車庫は「湯川」に改称され、途中停留所化。後方に成田スカイアクセスの高架橋が見える

 さて、成田湯川駅には@吾妻線(吾妻経由JR成田駅西口行)A中台線(中台経由JR成田駅西口行)B八代線(八代経由京成成田駅・日吉台車庫行)の3路線が発着する。途中停留所、運賃、乗降方式などが分かりやすく表示されている。乗り場は3バースあるが降車場はなく、成田湯川駅ですぐに折り返す運用も多い。折返しに時間のある車両は、湯川待機場まで回送する。ダイヤ改正では、単なる路線延長だけでなく、運行時間も拡大されている。なお、JR成田駅西口から湯川までと、成田湯川駅までの運賃が異なる。
 湯川待機場は暫定的な施設なのか砂利敷きで、バス待機スペースとプレハブの休憩室が設置されている。駅前広場から見渡すことができる。千葉交通ファンには飽きない場所だ。入口には車が進入しないよう、ポールを活用した看板が立つ。ただし、両脇の仕切りが途切れており、構内を通り抜ける人や、自動販売機で飲み物を買う人などを何人も見かけた。
画像 ←湯川待機場入口に立つ標識

画像 ←湯川待機場構内

 バスの行先表示には、「成田湯川駅」が追加された。ただし、幕式の車両の一部(日野KC−HT2MLCA)は、「湯川駅」と省略されている。わざわざ「成田」を入れなくても分かるからであろう。JR成田駅西口行は、相変わらず「駅西口」と省略した車両もある。
画像 ←日野KC−HT2MLCAは「吾妻 湯川駅」とシンプルな表示

 成田スカイアクセスは成田を経由しないうえ、成田湯川に停車する「アクセス特急」は、日中は40分間隔の運行とあって、依然としてバスで成田駅に向かう人も多いようだ。むしろ、今までは成田ニュータウンから成田駅への片道輸送だったが、成田湯川駅が成田ニュータウンの中心部から離れていることもあり、新たに成田湯川駅方向の需要ができたといえよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【千葉交通】成田湯川駅 乗り物彼方此方(のりものあちこち)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる